神奈川・東京ほか在住の20~40歳代中心のオールラウンド登山を行う山岳会です。
by kamoblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
カテゴリ
全体
山行
カモな日々
集会
気象
その他
ギア
トレーニング
新人日記
集会レポ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のコメント
http://www.h..
by アドベンチャー at 06:54
Good day I a..
by Marken T s at 01:36
Nie wiesz ja..
by jak schudnąć at 21:19
自分はREIの通販で購入..
by 雷鳥 at 01:55
初めまして。 ジム..
by すかんく at 13:43
埼玉の誇るスーパーボルダ..
by fukusho at 23:59
朝の山の写真メガキレイやわ!
by misty at 22:44
暖かいところでのんびりク..
by yama at 22:45
おつかれさまでした い..
by marina at 11:44
雷鳴って、いきなり冷たい..
by marina at 19:45
最新のトラックバック
検索
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
冬季アルパイン中山尾根
ytadoことワルです。

ぼちぼちですが相変わらず山へ入っております。
この時期の大好物といえば本当に真っ白に輝く山と、その山々をダイレクトに感じられる
高度感たっぷりの冬季アルパイン。
久々にいい景色が見れたので報告します。

2月18日
朝発、6時に町田にて先輩をピックアップ、金曜日に降った雨が八ヶ岳山荘~赤岳山荘間で凍結しただでさえ荒れた道が更にツルツル化し危険との事前情報があったので、この日は八ヶ岳山荘駐車場まで。

何度も歩いた道を歩いて赤岳鉱泉へ。
まだ、テントも少なかったのでこの週末は人が少ないのか?と思ったが何と赤岳鉱泉宿泊者は200人!
満員御礼だった模様。

テントを設営し中山尾根の第一岸壁取り付きまでの偵察。
金曜日に積雪があったのでトレースは無くなっているかと思ったが案の定埋まっている。
薄いながらトレースの痕跡をたどりながら踏み固め明日のアプローチをし易くする。

偵察した感じでは第一岸壁1P、直登ルートで行けそうな感じ。
この頃には天気も曇りから晴天となり岩壁ついた雪がもう少し落ちる事を期待した。

その晩は赤岳鉱泉にて食事、噂のステーキを期待したが、しゃぶしゃぶでした。
軽く酒を飲み就寝…しかし、寝つきが良い私が頭痛で寝れない。

おそらく、ウイスキーを飲んだからかも?
最近、ウイスキーが体に合わないと感じていたが、少量ならと感じ飲んだが駄目だった模様。

22時に症状が悪化し、嘔吐を2回繰り返した。

24時にやっと症状が改善しだして寝付く事が出来た…

この夜、回復した天気が悪化し再びの降雪…

2月19日
朝4時起床、体調に不安があり朝食を食べて不調を催すならアタック中止にしたいと、相談。

結果、何の問題もなし。
5時30分には支度を済ませ出発。
昨日作ったトレースを歩く、降雪があったのにトレースがはっきりある。
案の定、先行パーティあり。
夜明けの時間だがガスガスで薄暗い

第一岸壁にて交差する、先行Pは右側から取り付きを探していたので、昨日の下見で目処をつけていた直登ラインを登る。
が…積雪でホールドが見えない不安感と朝一のビビりで出だし3m程のあたり
から先に進めない。

一度仕切り直しで、先行パーティも右側からのラインを見出せずいたので交代。
右側ラインは溝になっており、難しい箇所はないがその分出だしからピンが少なく再びビビるが何とか突破。
積雪で埋まって支点が見つけられなかったか?
後半は傾斜があるがホールド豊富、支点もあり快適。
しかしながら、低温、ガスガス、強風で手が冷えるので要所で温めながら登ったので時間がかかった。

2Pは先輩さんリード、ここで先行していたパーティに先を譲ってもらう。
ありがとうございました!
このPはほぼ直上スラブ状で短いが中々。

その後、200m程の雪稜をコンテで行く予定だが、あまりの寒さで撤退も考える。
日が差してくれれば…
ガスガスが薄くなる気配と天気予報では快晴となるはずなので信じて進む。


b0133032_14222408.jpg


第2岸壁取り付き前あたりで日が差し、天気も回復。

b0133032_14235665.jpg

いよいよ、核心と言われるⅣ+ルート
見るからに登って下さいという溝を行く。ありがたく私がリードさせて頂く!

最後のかぶりがポイントという事前情報だったがその棚に入る手前が私にはキツかった。
意外と細かく、この日の条件ではホールドや支点は雪で見えずらく登りにくい、カムを使いごまかしながら抜けた。
かぶりは意外と簡単。
慎重にやりすぎてしまった。

b0133032_14231718.jpg

ここら辺から精神的ゆとりが出始め景色が見えだす、白く輝く山々に囲まれた中にせり出している尾根からみるパノラマは最高だった、本当気持ちいい。

b0133032_14242807.jpg



その次のピッチはあんまり印象なし、次はルート取りが案外わかりにくい。
右側に入らず左側からまくのがポイント。


最後のトラバースはロープ出さなくてもいいくらい。

b0133032_14252975.jpg

いやー、久々の充実感、寒さや条件による登りの難しさの変化、自然を相手にするのは厳しくも楽しかった。

景色も積雪直後の八ヶ岳は白く本当に美しかった。

その赤岳と硫黄岳のほぼ中央にある中山尾根はルートの面白さもあり、景色も本当最高でした!

ご一緒してくれた先輩本当にありがとうございました。

もー少しちゃんと冬アルパインはトレせんとな…ここは反省、時間がかかりすぎた。

あと、この日の条件
最低気温-19度 風速20m、このあたりが冬季アルパインの私の限界寒さか…
太陽が出なければ撤退していた可能性は高かったかも。


[PR]
by kamoblog | 2017-02-27 14:11 | 山行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamonokai.exblog.jp/tb/26683182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< GWはリクエスト山行!! 冬山&アイスクライミング >>