人気ブログランキング |
神奈川・東京ほか在住の20~40歳代中心のオールラウンド登山を行う山岳会です。
by kamoblog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
山行
カモな日々
集会
気象
その他
ギア
トレーニング
新人日記
集会レポ
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のコメント
http://www.h..
by アドベンチャー at 06:54
Good day I a..
by Marken T s at 01:36
Nie wiesz ja..
by jak schudnąć at 21:19
自分はREIの通販で購入..
by 雷鳥 at 01:55
初めまして。 ジム..
by すかんく at 13:43
埼玉の誇るスーパーボルダ..
by fukusho at 23:59
朝の山の写真メガキレイやわ!
by misty at 22:44
暖かいところでのんびりク..
by yama at 22:45
おつかれさまでした い..
by marina at 11:44
雷鳴って、いきなり冷たい..
by marina at 19:45
最新のトラックバック
検索
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
雷鳥日記4〜バランスハイキング〜

 雷鳥@会長です。

 秋山シーズンも半ばにさしかかりました。我々カモの会も、来期の新人募集の予定を発表しています。新入会員と言っても、ホントの初心者から数年やってる人まで様々な人が入ってきます。中にはカモで登山を始めようという初心者も少なくなく、そういった人と新歓ハイクなどに行くと、結構な割合で登山に対する不安を聞く事が多く、その不安を払拭する事が、ある意味新歓ハイクの役割の一つとも言えます。

 今回からしばらく、そういった新人さんに話している事を書いていこうと思います。

 初心者の内の何人かからは、必ずと言って良いほど「疲れない歩き方はありますか?」と聞かれます。いやそんなもんありません。上り坂を登るのだから、空身でも疲れます。ただ、「少しでも疲れにくい」歩き方なら無くも無い。というお話。

 人は街中では、後ろ足で地面を蹴って前に出る方法で歩いています。でも登山道で同じ歩き方をすると、とても疲れます。なぜなら登山道は基本不整地。道路の様に舗装されている訳では無く、岩や木の根が露出した凸凹道です。そこを街中の様にどんどん足を前に出して歩いたら、下ろした足が凸凹の上に乗ってしまいます。すると足が無意識の内にバランスを取ろうと筋力を使う事になり、それを何百回何千回と繰り返したら、当然疲れてしまうのです。そもそも地面を蹴る事自体が力の無駄遣い。なので、余計な筋力を使わない歩き方をすれば良いという訳。

 代表的な技術が、登山教室などでよく教えている「静加重・静移動」です。前に出した足に自分の重心を移動すると(静加重)後ろ足が自由になるので、そのまま前に足を押し出します(静移動)。それを繰り返して行けば、地面を蹴らずに前に移動できるのです。

 自分はそれに加えて、「軸足で立つ」事を強調しています。元々軸足で立つという要素は、静加重・静移動に含まれているのですが、初心者が少しでも理解しやすい様に個別に抽出し、その3つを合わせて「バランスハイキング」と(勝手に)呼んでいます。

 ではなぜその歩き方が疲れにくいのかというと、「足の置き場所を選べる」からです。登山道は凸凹といっても、平らな場所もあります。静荷重で前足に重心を移動し、静移動で後ろ足を前に出すときに、軸足となる前足に立てる位バランスが取れていれば、地面の少しでも平らな所を選んで足を下ろせます。そうすれば、凸凹の上に足を乗せた時よりも足の筋肉は使われないので、それを繰り返せば、疲れにくさに違いは現れるのです。

 静加重・静移動・軸足で立つ。この3つの要素をきちんと実践する為には、まず歩幅を小さくして歩く事、そしてゆっくり歩く事、です。大股だったり走るように前に進んでいる状態では、軸足にしっかり立つ事は難しく、足の置き場を選ぶ間もなく足が「落ちて」しまい、凸凹の上に…となります。「置く」と「落ちる」、この差は大きいのです。

 ここでもう一つ初心者、特に女性から、登山をやってる知り合いにハイキングに連れて行ってもらったけど、相手がどんどん進んでいくから付いていくのがやっとでとても疲れた。自分は山に向いてないのだろうか、などという相談を受ける事があります。

 確かに登山をするには、普通の人よりも体力はあった方が良いですが、上記の場合、トップを歩く人が初心者の体力や歩幅を考慮していないパターンも結構あります。

 トップを歩く男性が早足だと、付いていく女性はとても大変です。まず自然と早足になる事自体が疲労要素になり、更にバランスハイキングもできないというダブルパンチになってしまい、これでは疲れるのも当然です。

 こんな時は、遠慮せずにもう少しゆっくり歩いて欲しいと言うべきです。何らかの理由があって急いでいるなら仕方ないですが、特に急ぐ理由も無いのなら、疲れにくいペースを要求する権利はあります。連れていってもらっている立場だからと我慢しなければならない登山なんて楽しくないでしょ。それに、そうやって余分に体力を使わされると、もし非常事態になった場合、命の危険にも繋がりかねません。

 更にもう一つ、ゆっくり歩いてもらっている筈なのに、女性が早足になってしまう場合は、男性の歩幅が大きすぎる可能性があります。なので、トップの人が早足だったら、ゆっくり歩いてもらうことと、歩幅を小さくしてもらうことの両方を伝えると良いでしょう。そうすれば、バランスハイキングも上手く出来て、少しでも疲れにくく登山を楽しめると思うのです。



by kamoblog | 2017-10-04 02:13 | カモな日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamonokai.exblog.jp/tb/27213221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 冬山に行きたいな 泥水系… >>