神奈川・東京ほか在住の20~40歳代中心のオールラウンド登山を行う山岳会です。
by kamoblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
カテゴリ
全体
山行
カモな日々
集会
気象
その他
ギア
トレーニング
新人日記
集会レポ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のコメント
http://www.h..
by アドベンチャー at 06:54
Good day I a..
by Marken T s at 01:36
Nie wiesz ja..
by jak schudnąć at 21:19
自分はREIの通販で購入..
by 雷鳥 at 01:55
初めまして。 ジム..
by すかんく at 13:43
埼玉の誇るスーパーボルダ..
by fukusho at 23:59
朝の山の写真メガキレイやわ!
by misty at 22:44
暖かいところでのんびりク..
by yama at 22:45
おつかれさまでした い..
by marina at 11:44
雷鳴って、いきなり冷たい..
by marina at 19:45
最新のトラックバック
検索
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:山行( 93 )
奥秩父フリークライミング
 雷鳥@副会長です。久々の投稿カモ。
10月21日に奥秩父の「柴崎ロック」というフリークライミングのエリアに行ってきました。
クライミングの岩場には色々な種類があるのですが、ここは石灰岩。鍾乳洞と同じ白い岩です。
b0133032_01443662.jpg
b0133032_01450048.jpg
 石灰岩の岩場は、初級者向けのルートでも凸角や凹角、オーバーハングなど多彩な形状があり、立体的なクライミングが楽しめるのです。
b0133032_01475946.jpg
 カモの会はインドア・アウトドア共にフリークライミングも盛んで、まだ初級〜かなり上級まで様々なレベルの人が楽しんでいます。

[PR]
by kamoblog | 2018-10-27 01:54 | 山行 | Trackback | Comments(0)
カモに入って1年半が経ちました
どうもこんにちは!
カモ2年目のyutaです。
相変わらず元気に山ばかり行っております!
まずは、この1年半の間にどんな山に行ったのかを写真と共に振り返って行きたいと思います。

b0133032_22391947.jpg
b0133032_22395832.jpg
b0133032_22511406.jpg
b0133032_22413584.jpg
b0133032_22424707.jpg
b0133032_22511317.jpg
b0133032_22492084.jpg

b0133032_22511293.jpg
b0133032_22495236.jpg
b0133032_22511401.jpg
b0133032_22511427.jpeg

こんな感じでいろんな山に行っておりました。※ほんの一部です
自分はいろんなジャンルの中でも沢登りが好きなようで、もっといろんな沢に行きたいので技術を身につけて強くなりたいと思っています。

カモの会に入って、自分は思うようになったことが何点かあります。

・山の楽しみ方は人それぞれだ!
→アルパインクライミング、沢登り、縦走、フリークライミング、etc。。。
山にはいろんなジャンルがあります。でも、どのジャンルに関してもやってみないと楽しいかどうかわかりません。だからこそいろんなジャンルに挑戦してみることはとても重要なことだと思います。自分もカモの会に入らなければ、沢登りが好きになることはありませんでした。

・安全管理について学ぶこと
山というのはリスクを背負う遊びだと思います。今、SNSで人と人が簡単に繋がる時代となり、初対面同士で山に行くことが簡単に実現する時代となりました。そんな中で希薄となりつつあるのが、山に対する安全管理の意識だと思います。カモの会に入って、安全に対して様々な側面から物事を考える必要があるのだということを知りました。

・いろんな人と山に行くことは楽しい!
会にはいろんな人がいます。いろんな人と山に行くことで、いろんな考え方を学んだり、新しい楽しみ方を知ったりします。これらは自分にとって新しい発見でした。

とここまでつらつらいい事ばかり書きましたが、当然それだけではありません。
めんどくさいなーと思うことも多々ありますし、時間を割かれることも多くなりました。
でも、自分はそれらを超えて、会に入ってよかったと思っています。

みなさんは山が好きですか?
自分はとにかく山が好きです。
カモの会に興味を持った方!ぜひ集会見学に来てみてください!

それでは!yutaでした。

[PR]
by kamoblog | 2018-10-10 22:59 | 山行 | Trackback | Comments(0)
ヨーロッパ遠征
カモ3年目、Sです。

4月に会のMLに流れてきたMさんからの「シャモニー行きませんか?」のお誘いにびっくり。私がすでに入手済みだったヨーロッパ行きの航空券の日程と、本当に偶然にぴったり一致してたんです。最初は別の場所に行く予定だったのですが、こんな機会もなかなかないですし、ヨーロッパ遠征にご一緒させていただくことになりました。メンバはMさんとHさんと私。私は仕事の関係で高所順応の時間がどうしても取れず、お二人は4000m超級、私は3000m級の山頂をそれぞれ目指すことになりました。

シャモニー滞在3日目、最高の青空。まずは3人でエギーユ・ド・ミディにロープウェイで移動。

b0133032_08042543.jpg


それぞれの出発前に、会の旗でモンブランをバックに記念撮影!(このためにはるばる旗を持ち込みました!)
b0133032_08023834.jpg


モンブラン・タキュルを目指すお二人を展望台でお見送り。本格的な装備が珍しいのか、観光客に沢山写真を撮られてました(笑)
b0133032_08024543.jpg


私は再びロープウェイで下界に降り、1泊2日山小屋泊でエギーユ・ルージュ(赤い針峰群)の最高峰、モン・ビュエを目指します。1日目と2日目前半は、お花畑に囲まれたトレイルをハイク。
b0133032_08071581.jpg

2日目の朝、朝焼けに燃えるモンブラン山群。同じ会のメンバがあそこにいると思うと、感動もひとしおです。
b0133032_08025714.jpg


モン・ビュエの山頂付近は残雪が多く残ってました。
b0133032_08030286.jpg

無事に登頂。エギーユ・ルージュの先にモンブランやグランドジョラス北壁。展望台からでは見られない、大絶景!
b0133032_08030828.jpg

シャモニー滞在5日目は、レスト日のMさんと一緒にヨーロッパで人気沸騰中のヴィア・フェラータへ。
b0133032_08031146.jpg

ハーネス+専用ランヤードをワイヤに接続しているので滑落の危険はない&よく整備されているのですが、なかなかの高度感。
b0133032_08031547.jpg

最後の最後に、こんなワイヤー橋も!!いたずら好き(?)なMさんに揺らされて、すっかり腰が引けてるところを激写されちゃいましたー(汗)
b0133032_08311073.jpg

いままでも何回かヨーロッパでハイクをしたことはありましたが、これだけ充実した山行ができたのは初めて!ずっと天候にも恵まれ、全員がそれぞれの目的を全て達成できたのは本当にラッキー。シャモニーでの滞在(沢山美味しいもの食べれた♪)も含めて、本当に楽しい遠征でした!!


[PR]
by kamoblog | 2018-08-11 09:07 | 山行 | Trackback | Comments(0)
槍ヶ岳で山滑走
カモ3年目のSです。久々の投稿です。

私は入会するときにこれといって目指しているジャンルはなかったのですが、折角ならばバックカントリースキーはやってみたい!と思っていました。私が山スキーを始めたのは昨シーズン、本格的に取り組んだのは今シーズンから。カモに入る前のバックカントリーのイメージは、スキー場の裏で新雪を滑るイメージくらいでしたが、山にも登れて滑走も楽しめる山スキーに、今シーズンですっかり魅せられてしまいました。

4月下旬、今年は雪が少ないからどうしようね?と相談した結果、決まった行き先が槍ヶ岳。山スキーで槍ヶ岳に行けるなんて!と大興奮でしたが、道中はなかなか苦難の道でした。いきなりスキーで歩けるわけではなく、新穂高の駐車場からはスキーを背負って登り始めたのですが、今年は雪解けが早く沢が出てしまっていて、シール歩行ができるまで5時間の登り!スキーを履いてからも気を抜けば沢に落ちそう(少なくとも初心者の私にはそう見える)個所を数々突破!山スキーって冬山のバリエーションなんだなぁと実感した1日になりました。

b0133032_20283296.jpg

二日目は、槍平小屋から山頂に向かって飛騨沢を登りましたが、かなり固い雪だったので、登りがヘタ&クトー(スキーアイゼン)を持っていない私は大苦戦!ズルズル滑って、なかなか登れません。

b0133032_20283738.jpg

そして途中からはスキーを背負ってスキーブーツ+12本爪アイゼンに。稜線まで何度もくじけそうになりながら登り・・・やっと槍ヶ岳の姿を見た時には、なんともいえない感動でした。

b0133032_20284021.jpg

時間的に厳しかった&岩とアイスのミックスになっていて条件が悪かったので、残念ながら登頂にまでは至りませんでしたが、穂に取りつく直前のところまでは行って記念撮影!

b0133032_20284488.jpg

そのあと、一本だけ持ってきていたノンアルビールで回し飲みで乾杯!快晴の空の下、槍を眺めることで、全ての苦労が報われるような気がしました(*^^*)

b0133032_20284735.jpg

そのあとは、素晴らしく広い飛騨沢を滑走!いつもながら滑るのはあっという間ですが、腿がパンパンになるまで滑走を楽しみました。

b0133032_20285175.jpg

そのあとは再び3時間半スキーを担いで(ちなみに履いてるのはスキー靴)の歩きが待っていて、駐車場に着くころにはみんなヘトヘトになっていましたが、自分の中でこれだけのことをやり切れたという充実感で満たされた、思い出深い山行になりました。

b0133032_20285421.jpg

[PR]
by kamoblog | 2018-05-11 20:36 | 山行 | Trackback | Comments(0)
山行報告

気付けば5年目Tambaです(まだ居ます…)。


2017年はケガが多く反省の年でした…。。

夏の終わりに山歩きをゆるゆると再開。今更感ありますが後半の山行報告をしたいと思います。


【10月】

連休にカモメンで後立山縦走を計画しましたがお天気が良くなくて中止に…

どこも歩けないのも悲しいので、後日ルート短縮して白馬三山~不帰ノ嶮~唐松ソロ山行。

初日は途中から強風になり難儀しましたが、全般的にはお天気に恵まれ、紅葉も満喫したステキ山行となりました。

b0133032_18270783.jpg

【11月】

最初の内はバリエーションハイクだったのが、気付けば登攀が加わっていた…大ナゲシ~赤岩尾根。

当初天気が危ぶまれましたが、秋晴れに。岩稜部分とても気持ちの良いルートでした。

日の短い時期ですし、ルートミスもあったりするので、(ちゃんと明るい内に下山してますが)時間管理大切!

b0133032_18283753.jpg

【2月①】

夏の終わりに歩いた黒戸尾根をテン泊装備で歩きたい。。

ここ数年雪山ご一緒頂いている先輩と甲斐駒大好き!な後輩さん3人で。

テントだとやはり重量増。どう軽量化出来るか(わたしはお酒飲まないので、そっちの軽量化はナシ。笑)色々考えた山行でした。

この時も天気予報はイマヒトツでしたが、結果的には好天に恵まれ南アルプスの山々を山頂から眺められました。

b0133032_18304988.jpg

次は眺めたお山へ行けると良いなぁ…。。。


【2月②】

冬のルートタカマタギへ。

丁度良く一番手で歩く事が出来たので良いラッセルトレになりました

出発当日の降雪で、翌朝のタカマタギPHでは新雪ラッセル

参加の新人さんお2人にも楽しんで貰えていたようなので良かったです♪(*^^*)

b0133032_18321288.jpg


【3月】

ずっと行きたいと思っていた西穂高

同期taka10さんより初級バリルート西尾根から行くのはどうかと…。

全装PHなので、ヨワヨワな私は体力強化と軽量化が必須事項。

これに合わせて冬の行先を組んだので、日程が近くなってからはずっとお天気が気になって気になって…()

ありがたい事にこの時も好天に恵まれ、かなり好条件下での山行となりました。

山頂へ向かう間、山頂、下山中ずっと素晴らしい景観でした。

b0133032_18344829.jpg

色々雪山ルート調べていて来シーズン歩いてみたいお山を幾つか見付けました。

それまでまた怪我の無い様に、体力強化に励みます(いつになったら“体力強化”しなくて良い日が来るのでしょう…)。


[PR]
by kamoblog | 2018-04-07 18:51 | 山行 | Trackback | Comments(0)
雷鳥日記10〜アイス…クライミング…?〜
 雷鳥@会長です。久々の投稿。
今シーズンのアイスクライミングの締めは、八ヶ岳の大同心大滝でした。
b0133032_01514767.jpg
 ただ取り付いたのが水流のすぐ横。登ってる最中も上から絶え間なく水滴が降ってきて、見る見る装備や手袋が凍り付いてしまいました。
b0133032_01515663.jpg
注)アイスクライミングとは、凍った滝を登ることであって、クライマーが凍りながら登る事ではありません( ̄▽ ̄;)






[PR]
by kamoblog | 2018-03-28 01:58 | 山行 | Trackback | Comments(0)
秋の沢
ytadoことワルです。

この秋に黄蓮谷右俣へ行ってまいりました。
紅葉に彩られた高度感ある沢登りになりました。
b0133032_23274549.jpeg
核心と言われる奥千丈の滝200mはシャワークライミングを交え一気に高度を上げる空に向かう様な登攀でした。
b0133032_23295606.jpeg
見下ろすとこんな感じ
b0133032_23304500.jpeg
そしてハイライトは甲斐駒ケ岳山頂のほぼ直下までつめきれます。
b0133032_23492101.jpeg
美しい甲斐駒ヶ岳山頂は最高の気分でした。
詳しくはこちらから。

また、先日今年の沢登り締めを黒又川日向沢て!
b0133032_23353994.jpeg
b0133032_23444475.jpeg
長野、山梨あたりは雨でしたので、雨を避けたエリアの越後へ遠征。
短いながら登攀的でいい沢でした。
紅葉も中々良いタイミングでした。
秋の沢はこんなに綺麗でも人が少なくいい景色を自分達だけの景色に出来るのがいい。
b0133032_23370506.jpeg
b0133032_23452054.jpeg

今年最後ということでこの日はコテージを借り日本酒祭り。
銘酒の生酒がズラリ。
南魚沼の食材と酒を堪能しました。
b0133032_23383050.jpeg


私の沢登りはこれで今年は終わり。
来年は今年天候不良で行けなかった、上ノ廊下、オツルミズ沢、屋久島の永田川をリベンジしたい!
今年沢登りに一緒に行ってくれた皆様ありがとうございました。


[PR]
by kamoblog | 2017-10-16 23:25 | 山行 | Trackback | Comments(0)
前穂北尾根
ytadoです。
今年は沢ばかりで乾いた空気と気持ちいいスカイロード的な稜線を歩きたくなり前穂高北尾根へ。
このルートは前々から行きたかったが計画する度に天気に恵まれず、狙い続けて、今年のこの不安定な天気の流れ、台風も来とるし、また駄目かなと思いましたが結果渾身の山日和でした。
・上高地~涸沢
平凡な歩き、ルート変化もなく結構退屈、ひたすら我慢し体力を温存。

・涸沢~5-6のコル
ここで大休憩、水を3リットルと缶ビール大を追加湧き上がる雲が涸沢より上を覆い隠す。
何処が5-6のコルなのか全くわからない、どーしよとパートナーに相談するとヤマレコ地図なる必殺技で確認すれば良しとなる。
涸沢ヒュッテヘリポート横から雪渓に入り歩きやすい左側よりを歩く、強烈な照り返し日差しを浴びるも、雪渓上は涼しく快適。雪渓が無くなるあたりから左手のルンゼを上がる。
真ん中よりも左手に明瞭な踏み跡あり、こちらが歩きやすい。

b0133032_12271706.jpg



5-6のコルに2-3テンが張れる良い物件があり、5峰は湧き上がる雲に覆われ視界不良により道迷いの可能性があると感じたので、この日ここまで。
 
b0133032_12293699.jpg

ちょっと早いが酒盛り開始。
テント内は暑そうなので外にマットを引き最高の眺めを堪能する。

湧き上がる雲で変化する山並みは最高の酒のつまみ出会った。

b0133032_12281661.jpg

夕方からはシェラフを外に出し夕焼けをごろ寝で堪能、この頃より雲が晴れて雲海になる。

安眠も必要なのでここらでテントに戻り就寝。

朝3時30分起床、星空が綺麗なので撮影を行い、夜明けを待ち出発。

b0133032_12290363.jpg


5峰はハイマツと岩の間を上がる。
ルートはわかりやすい。
ピークからの眺めは最高だった。

b0133032_12301143.jpg

槍や涸沢まで見渡せる展望がある。
180度の絶景パノラマ
朝日が山々の織り成す隙間から差し込む幻想的な景色

b0133032_12304812.jpg

ビバークもツェルトなら可能、今度来るならここでやりたい。

4峰は最初3峰とちょっと勘違い。
踏み跡が多く迷った、最初は涸沢側へ踏み跡を辿る、踏み跡がすぐ不鮮明になりたってきたあたりで尾根上に上がるのが正解。
その後は左側に回り込むので注意。
我々は尾根上を上がり過ぎてしまい
4級くらいはありそうな直上ルート入り口でまだ、登攀スイッチが入らない状況だったので残置ハーケンを使い懸垂して左巻き道に戻った。

ここのルーファイがこのルートの核心だと感じた。岩も全体的に脆いので注意。

b0133032_12314702.jpg

安易に踏み跡や残置ハーケンに導かれない事。
古いトポにはペンキとかマークが書かれているが今は無いので注意。


3峰に来た時点で、ルート待ちがいから抜かれたグループが大人数であったのでのんびり登攀となった。
先行が細かくピッチを刻んだのにお
付き合いであったが、実質は2~3ピッチで登攀は終わりだろう。
こちらは4峰と比べ岩が安定していて登りやすく簡単。

b0133032_12321131.jpg


途中歩きも交えたり、ロープあったらいい箇所あったりをこなし7mほどの懸垂を行い、あとは歩きで山頂へ。
いい達成感、パートナーさんとのグーパンを交わしたときは本当に気持ち良い達成でした。

b0133032_12324499.jpg

程よい高度感と尾根を行くルートならではの展望の良さ、このタイミングでは雲が湧き上がる事もあり。
まさにスカイロードでした。

b0133032_12331905.jpg

今回は写真撮りの目的もあったのでカメラと交換レンズ4本、三脚を持ち込んだがこれは無茶が多少あったかな…
それなら美味しい日本酒を1本もってあがれたのに…

今度行く時は5峰ピークでビバークし美しい山々をつまみに旨い酒を飲みながら、テント無しでそのままシェラフでゴロ寝したい!


[PR]
by kamoblog | 2017-09-06 12:23 | 山行 | Trackback | Comments(0)
長い縦走
カモ4年目(だったかな?)のrisapuです。

久々の長めの縦走にいってきました!
紆余曲折あり、メンバーは同期のアーマーと2人。

3泊4日で穂高満喫山行でした。

b0133032_17194381.jpg

新宿からバスで上高地へ。
初日は前穂高岳、奥穂高岳をGETして、穂高岳山荘のテント場にて幕営。

b0133032_17222828.jpg
2日目は北穂高岳~槍ヶ岳の岩岩地帯を進み、殺生ヒュッテのテント場にて幕営。
長かった。意外とアップダウンがあり、疲労感ハンパなし!
b0133032_17222269.jpg
b0133032_17223081.jpg
3日目は東鎌尾根から表銀座を通り、燕山荘で幕営。
この日は距離がものすごく長かった。

b0133032_17222544.jpg
4日目はガスがすの燕をPHして、合戦小屋でスイカを食べて下山。

かなーーーり気合いの入った長い縦走でした。
ほんとにあんなところまで歩くのか…と思いながら足がへぼへぼになるまで歩きました。
 
たどりついたときの達成感とビールのおいしさは格別でした。
こんなに足が疲れ切った山行は久々でした。
よく歩いた!アーマー一緒に行ってくれてありがとう!


[PR]
by kamoblog | 2017-08-26 17:41 | 山行 | Trackback | Comments(0)
秘境ガンガラシバナ
ytadoことワルです。
この前の3連休で秘境ガンガラシバナへ行ってまいりました。
広大なスラブを流れる滝沿いをランナウトしながらマルチピッチで登ります。
残置が無く、冒険好きにはたまらないそのままのクライミングが出来ます。

b0133032_15345376.jpg
b0133032_15353311.jpg
b0133032_15360739.jpg
b0133032_15365373.jpg
今回は天気が悪く、完全遡行は出来ず左岸尾根からの下山となりました。
今回は強いメンバーとの山行でしたが、今度は沢好きな後輩と完全遡行に挑めればなーと思います。

詳しくはヤマレコにて
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1199864.html




[PR]
by kamoblog | 2017-07-19 15:31 | 山行 | Trackback | Comments(0)