人気ブログランキング |
神奈川・東京ほか在住の20~40歳代中心のオールラウンド登山を行う山岳会です。
by kamoblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
twitter
カテゴリ
全体
山行
カモな日々
集会
気象
その他
ギア
トレーニング
新人日記
集会レポ
未分類
以前の記事
2020年 01月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のコメント
http://www.h..
by アドベンチャー at 06:54
Good day I a..
by Marken T s at 01:36
Nie wiesz ja..
by jak schudnąć at 21:19
自分はREIの通販で購入..
by 雷鳥 at 01:55
初めまして。 ジム..
by すかんく at 13:43
埼玉の誇るスーパーボルダ..
by fukusho at 23:59
朝の山の写真メガキレイやわ!
by misty at 22:44
暖かいところでのんびりク..
by yama at 22:45
おつかれさまでした い..
by marina at 11:44
雷鳴って、いきなり冷たい..
by marina at 19:45
最新のトラックバック
検索
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:山行( 100 )
涸沢岳西尾根
ytadoです。年末連休を使った雪山登山シリーズ
中々、付き合ってくれるメンバーが定まらず
一時迷走していたが今回は去年の北岳メンバーが捕まったので
このパーティの力量で狙うのに最適なルートとして
北アルプスで狙っていたが未だ行けてなかった涸沢岳西尾根を選んだ。

アイゼントレ三つ峠、富士山雪訓、プレ山行で阿弥陀岳南稜とトレを行い準備して挑んだ。

天候は、27日雪、28日晴れるが風強め、29日は風も弱く、気温高め絶好のPH条件、30日は気温天気下降と、予備日で1月1日まで考えていたが
年末でこんなに条件が良いのは珍しいほどである29日にPHを目指す事とした。

前夜は道の駅風穴の里にて前泊、3時間ほど睡眠。
初日、新穂高にて安全登山の取り組みを救助隊が行なっている風景として中日新聞記者に写真を撮られる。
確か、3年前に槍ヶ岳行った時にも撮られた様な…

新穂高から白出沢出合を越えた尾根取り付きまでラッセルなし、雪も少ない。
尾根に乗ってからは藪漕ぎ、ピンクテープ多数、1,900m越えてからは傾斜キツくなる、体力的に辛いところ。2350mあたりにBPあり、あまり大きなテントの設営は厳しいか。10張りくらいが限度。
我々は3人で4テン、しかも少し遅れ気味に入ったので設置場所に苦労した。
ここから見えた夕焼けが美しく、明日に期待が膨らむ。
涸沢岳西尾根_b0133032_09134295.jpeg


29日アタックは危険箇所が始まる蒲田富士手前あたりで明るくなる計算で5時30分出発。
トレースが既にあり、有り難く使わせて頂く。
蒲田富士直下岩場は難しくはない、山頂直下が多少いやらしいがfixロープあり。
涸沢岳西尾根_b0133032_09142190.jpeg
その後の痩せ尾根は雪庇が発達してなかったがトレースのルーファイはかなりギリギリ、踏み外したら落ちたるとうほどで高度感を感じる。
しかしながらこの辺りがスカイロード的で歩いていて気持ちいい、時間的に朝焼けとなり感動の景色、北アルプスで晴天というこの時期としては珍しい絶好の条件、その美しさ故シャッターを切りまくる。
涸沢岳西尾根_b0133032_09151895.jpeg
涸沢岳西尾根_b0133032_09155185.jpeg
その後涸沢岳尾根急登が始まるが思いのほか長く感じる、ミスをして落ちたら確実に大怪我以上…
この状況が思ったより長く緊張が続く。
涸沢岳西尾根_b0133032_09173859.jpeg
このルートをまた下降すると考えると嫌になる。
ようやく山頂と言う頃にはメンバー無言、写真撮る事も忘れてしまう。
ここから見える奥穂高はカッコよかった。
涸沢岳西尾根_b0133032_09171595.jpeg
風がそれなりにあったので、涸沢岳PH後、奥穂高山荘にて休憩。

この日北アルプスとは思えない程天気が良く暖かい条件であったにも関わらず、私的にはそれでも辛く、寒さへの苦手意識ゆえ、このあと稜線上でロープを出すなど寒さを耐えてメンバーフォローする対処をやりる事に自信が持てずこの先奥穂高まで行くか迷った。
各自、話しこの先の判断どうするか聞いたが、結論は私のCL責務全うすることに自信が持てないので好条件下なのに申し訳ないと感じつつ。が引き返した、本当に申し訳ない。
下降は問題なし。

30日、積雪、標高下げると雨となりずぶ濡れ下山。
白出沢出会いあたりまで降りると、寒さ等、雪山の厳しさから解放され何か嬉しかった。
温泉で身体をあたため、撮影した写真を精神的ゆとりがある中みるとその美しさを思い出し感動が蘇る。
本当嫌だった寒い雪山に何故かまた行きたくなった。
来年は何処行こうかな。

by kamoblog | 2020-01-02 09:11 | 山行 | Trackback | Comments(0)
朝日連峰縦走
カモの会2年目のayuminnです。

今回、同期女子酒飲み山行。
同期女子もいるので気兼ねなくわいわい賑やかに、そしてのんびり山行を楽しんできました。
刺激的な山行の合間に行く、癒しの旅はとても心地よいものです。


早めに夕飯。食事皆で作ります。
朝日連峰縦走_b0133032_09393847.jpg



酒、つまみたくさん。実は私はあまり酒が飲めないんですが・・・。
朝日連峰縦走_b0133032_09392102.jpg



瓶ごと歩荷。
朝日連峰縦走_b0133032_10183106.jpeg


永遠に続く道のり。
朝日連峰縦走_b0133032_09390884.jpg


山が綺麗です。
朝日連峰縦走_b0133032_09381700.jpg
山って最高!



by kamoblog | 2019-09-19 10:27 | 山行 | Trackback | Comments(0)
水無川オツルミズ沢
ytadoです。
会の皆んなからワルと呼ばれる内に、ワルい沢登りが好きなんじゃないかと錯覚する様になってしまった今日この頃。
元々は天空の城ラピュタのパズーになりたいと思い、バックパッカーから派生した冒険心、見た事ない景色をおい求めてバリエーションルートをやる様になった筈だったのですが。
それを確かめるべく、9月14-15日でオツルミズ沢に行ってまいりました。

駐車場から歩いてすぐ見えた
オツルミズ沢出だしのカグラ滝80m
快適なⅲ級登攀。

水無川オツルミズ沢_b0133032_15051329.jpeg
パートナーさんはまだ入渓前の事件から立ち直りきれてない様子でしたが、滝が大好きなのでフォローで登った後、徐々にテンションアップ。
水無川オツルミズ沢_b0133032_15071203.jpeg
雪渓との戦いになるかと思いましたが、大巻き地点でこの量でしたので、苦しめらる殆どではなかったです。
水無川オツルミズ沢_b0133032_15113539.jpeg

この地点から左岸大巻は残念ながら踏み跡がある…
抜けた後の景色はまさにオツルミズでした。
水無川オツルミズ沢_b0133032_15131268.jpeg

そしてメインディッシュのサナギ滝200m
登る前にワルポーズで気合いを入れました。
※ワの字ポーズしてます。
水無川オツルミズ沢_b0133032_15164488.jpeg

登攀中のパートナー、気合いのノーロプ。
最上段はセオリー通り1Pロープ出しましたが。
水無川オツルミズ沢_b0133032_15191145.jpeg
これを抜けた後、雪渓少なくゴルジュ天国でした。
まだ夏は終わらせないとばかりの水線突破。

水無川オツルミズ沢_b0133032_15200964.jpeg

そして案外悪かった80m滝カッコイイ。
水無川オツルミズ沢_b0133032_15213759.jpeg
この後BPし焚き火を楽しみ、恐怖の2日目
水無川オツルミズ沢_b0133032_15231025.jpeg
雪渓が崩れる爆音に、一瞬死んだかと思う事も…
我々はどうやら高巻きが似合うようなので、この後藪と戯れる大巻に…
水無川オツルミズ沢_b0133032_15250031.jpeg
大巻き中眼下に見えたオツルミズ沢、こんな所に戻っていいのか迷う様な景色。
この後、1時間ほど頑張ると源頭は癒し系でした。
水無川オツルミズ沢_b0133032_15261718.jpeg
やっぱ私はワルではなく、癒し系好きなのかもしれないと思う瞬間でした。

オツルミズ沢は大滝多数、藪漕ぎ、スラブトラバース、雪渓爆音と楽しい要素をクリアすると最後にご褒美の様な美しい源頭があるいい沢でした。
やっぱ私はワルでなくてパズーになりたい。
詳しくはヤマレコ にて


by kamoblog | 2019-09-16 15:01 | 山行 | Trackback | Comments(0)
赤谷川笹穴沢
こんにちは、yoshikitoです。
少し涼しくなってきましたね。しかし、まだまだ入りたい沢が沢山あります。
今気づきましたが、沢山って沢と山なんですね。なるほど行きたい場所が減らないわけか。

さて、谷川の秀渓、赤谷川笹穴沢へ行ってきました。
山岳会に入ると「行きたい所は?狙っている所は?」などと聞かれることが多くなります。
入会1年目は、漠然と沢に行きたい、スキーに行きたいとしていました。2年目の今年は、春に笹穴沢を目標に設定。登攀要素が強く、行動時間が長いので、自力を上げるべく山行を重ねてきました。当日は天候にも恵まれ、沢山の滝と美しい景色に素晴らしい一日になりました。

詳細は、ヤマレコンに記録しています。

赤谷川笹穴沢_b0133032_14095093.jpg
金山沢出合までは、小ゴルジュ・河原・ボルダーセクション。難度よりも眠さとの闘い
赤谷川笹穴沢_b0133032_14095056.jpg
滝らしい滝が出始める
赤谷川笹穴沢_b0133032_14095076.jpg
2段20mの下部、本当に滑る。足も手も滑る。先行したytadさんにお助けをもらう。
赤谷川笹穴沢_b0133032_14095006.jpg
12m滝。じゃんけんに勝利し、私のリード。
赤谷川笹穴沢_b0133032_14095173.jpg
50m大滝が見えた。でかい!
赤谷川笹穴沢_b0133032_14095198.jpg
50m大滝の登攀、右上のあたりにいる私と比較して滝のサイズ感が良く分かります。
赤谷川笹穴沢_b0133032_14283915.jpg
続いて、120mナメ滝。この辺りからは癒し渓になる上にて、青空も見えて最高でした。
赤谷川笹穴沢_b0133032_14095148.jpg
快適な昼寝ポイント
赤谷川笹穴沢_b0133032_14095116.jpg
でも、高度感はそれなりにあったり。
赤谷川笹穴沢_b0133032_14191277.jpg
源頭部は穏やかになり、笹藪を漕いでゴールです。


by kamoblog | 2019-09-14 14:23 | 山行 | Trackback | Comments(0)
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜

カモの会2年目のNORIKOです。

昨年カモの会に入会し、初めて先輩と個人山行に行ったのが北岳(白嶺三山)。
冬山シーズンには、年越しで再び北岳へ。どちらも天気に恵まれ最高の景色を楽しめ、良い思い出となった山だった。

気に入った山を、異なる季節や異なるルート(方法)で登るのはとても贅沢な山の楽しみ方だと思う。
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_18502599.jpg
2018年7月の白峰三山縦走にて
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_18550888.jpg
2019年を迎えた年越しの北岳

そして今回挑戦したのは、無雪期の北岳バットレス、第4尾根。
登山道からも見えるバットレス登攀は、アルパイン初級者の憧れのルートとも言える。

お盆休み前半、余裕をもって2泊3日の日程をとり、初日は白根御池にベースを張る。
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_19122981.jpg
白根御池のテント場

翌朝暗いうちに出発するのでアプローチを確認しに空荷で出かけ、しっかりとした踏み跡を見つけてテントに戻った。

それでも夕飯にはまだ早いので、まずは乾杯。生ビールがある小屋って最高だ。
翌日の話をしながら、わくわくしちゃう気持ちをビールで飲み込む。いい気分で早めの就寝。

北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_18564608.jpg
第4尾根取付き

翌朝3時出発。ちょうど薄明るくなるころに取付きに着いた。

初めての本チャンは、最初の1P目からリードがしたかった。
取付きと同時に朝日がさして、振り返ると眩しい。
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_18571039.jpg
Dガリー大滝1P目

Dガリー大滝を登り、横断バンドへ。
第4尾根直下に繋がる末端壁の草付きを登り、第4尾根に取り付く。

4尾根取付きまでが意外と長く、ここでこんなに時間かかって本当に4尾根行けるんだろうか、、と不安になった矢先、リードするパートナーから「4尾根取付きあったよー」と声が聞こえた。
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_19003147.jpg
アプローチシューズに履き替えて横断バンドへ
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_19030140.jpg
第4尾根の末端岩壁からアプローチ

第4尾根は、登山道から見てもはっきりとわかる輪郭で、登っていてもルートはわかりやすい。
「全部リードしてもいいよ」というパートナーの言葉に一瞬迷うが、つるべで登る。
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_19041532.jpg
第4尾根1P目のクラック
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_19042690.jpg
徐々に高度感が増し、景色を見渡せる

クラック調のフェイス、スラブ、リッジ、ややかぶったチムニー(?)とピッチごとに性格を変え、デビュー戦の私には十分満足な内容だった。
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_19101544.jpg
マッチ箱からの懸垂
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_19065626.jpg
ガスってきた。マッチ箱に次のパーティーが見える
北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_19072516.jpg
上はガス。リッジを越える。

そして最後のピッチを抜け、おつかれーのグータッチ。そこから歩いて山頂へ。

ロープを持ち、ハーネスをつけて山頂で記念撮影していると、「おめでとう!いつかは俺たちも行きたいな〜」と声をかけられた。アルパインの世界では初級ルートでも、ロープを使った登山は普通の登山者からしたら遠い世界。私もほんの1年ちょっと前までは、ロープを使う登山はプロの領域だと思っていたもの。

北岳バットレス第4尾根〜本チャンデビュー戦〜_b0133032_19085830.jpg
山頂にて

なんとも言えない高揚感で登山道を下る。
初めてのアルパインが北岳バットレスで良かった。

大人になっても、一生懸命になれたり感動できる趣味に出会えるって幸せなことだなぁ。

詳しい内容はヤマレコにも上げているので、そちらも。
             ↓↓↓

by kamoblog | 2019-08-30 19:18 | 山行 | Trackback | Comments(0)
常浪川 ムサ沢
ytadoです。
天気が微妙なお盆でしたが合間を縫って、前から興味があった御神楽岳の沢、夏に最適?なムサ沢に行ってまいりました。
常浪川 ムサ沢_b0133032_23564875.jpeg
入渓直後から地元民曰くシロと言われる、メジロアブに襲われる。まるでファンネル状態。
皆噛まれ、まとわりつかれる事に興奮気味。
しばらくこの先にゴルジュ帯があるとは思えない程水がないゴーロが続くが、抜けたら大人の水浴び場がこれでもかと続く。
常浪川 ムサ沢_b0133032_00012683.jpeg
まだまだ、時折の大滝も。
高い所が好きな人も楽しめる。
常浪川 ムサ沢_b0133032_00022519.jpeg
夜は飲みすぎて、沢に落ちたらしいが私はそんな記憶場ない…
焚き火横で知らぬまにぐっすり…
常浪川 ムサ沢_b0133032_00160051.jpeg

2日目はいきなり、
常浪川 ムサ沢_b0133032_00052074.jpeg
ファンお待ちかねのスラブ草付きの高巻き
ここで酒デトックス、正気に戻るきっかけとなる良い汗だせました。
ここから徐々に源頭の雰囲気に。
常浪川 ムサ沢_b0133032_00065940.jpeg
しかしながらここら辺からスラブ天国。
滑るスラブがこれでもかと出迎えてくれます。
常浪川 ムサ沢_b0133032_00085550.jpeg
最後はちょっとのみつやぶと戯れ終了。
アブ、ゴルジュ、焚き火、飲みすぎ、スラブ、…
いやー、良い夏休みといえる沢登りでした。
下山の時見えた奥壁最高にカッコよかったなー
いつか、後輩とこのスラブ登りたいなー

詳しくはヤマレコ にて。


by kamoblog | 2019-08-27 23:53 | 山行 | Trackback | Comments(0)
山スキーシーズン開幕
久々の投稿、カモ3年目のSです。

雪が遅かった今季ですが、ついに山スキーのシーズンがやってきました!
(5月のシーズン終了から、この日が待ち遠しかった・・・!)

今シーズンの開幕戦は、鍋倉山から。某山スキー同人の皆様と、合同山行です。
今振り返ると、すごい人数ですね!

山スキーシーズン開幕_b0133032_23373036.jpg

天気は快晴、新雪もあり、歩いていて気持ちいい!

山スキーシーズン開幕_b0133032_23373891.jpg
2時間半ほどのシール歩行で山頂に到着。山スキー3年目にして初の(!)ピークハントになりました。
(山スキーって途中でドロップすることが多いので、何気にピークまで行くことが少ないのです)
厳冬期には珍しく、雲一つない快晴にテンションもあがります。

山スキーシーズン開幕_b0133032_23374392.jpg
山頂から今季初ドロップ、セミファット板での滑走は、なかなか思ったようには滑れず・・・
良い雪だっただけに、ちょっと勿体なかった(^_^;
(事前に滑走練習はしてたけど、ついついレース用の板を使ってしまってたので勝手が違った。。)

チーフリーダーのLさんは、流石の滑り!<↓

山スキーシーズン開幕_b0133032_23374731.jpg
一度山頂まで登り返し、下山の滑走。この頃には板の感覚も戻ってきて、
シルキースノーを楽しめました(*^^*)

山スキーシーズン開幕_b0133032_23375222.jpg
今シーズンはBCチームも人数が増えて、ますます楽しくなりそうな予感。
今年も沢山雪山目指します!

by kamoblog | 2019-01-29 23:58 | 山行 | Trackback | Comments(0)
奥秩父フリークライミング
 雷鳥@副会長です。久々の投稿カモ。
10月21日に奥秩父の「柴崎ロック」というフリークライミングのエリアに行ってきました。
クライミングの岩場には色々な種類があるのですが、ここは石灰岩。鍾乳洞と同じ白い岩です。
奥秩父フリークライミング_b0133032_01443662.jpg
奥秩父フリークライミング_b0133032_01450048.jpg
 石灰岩の岩場は、初級者向けのルートでも凸角や凹角、オーバーハングなど多彩な形状があり、立体的なクライミングが楽しめるのです。
奥秩父フリークライミング_b0133032_01475946.jpg
 カモの会はインドア・アウトドア共にフリークライミングも盛んで、まだ初級〜かなり上級まで様々なレベルの人が楽しんでいます。

by kamoblog | 2018-10-27 01:54 | 山行 | Trackback | Comments(0)
カモに入って1年半が経ちました
どうもこんにちは!
カモ2年目のyutaです。
相変わらず元気に山ばかり行っております!
まずは、この1年半の間にどんな山に行ったのかを写真と共に振り返って行きたいと思います。

カモに入って1年半が経ちました_b0133032_22391947.jpg
カモに入って1年半が経ちました_b0133032_22395832.jpg
カモに入って1年半が経ちました_b0133032_22511406.jpg
カモに入って1年半が経ちました_b0133032_22413584.jpg
カモに入って1年半が経ちました_b0133032_22424707.jpg
カモに入って1年半が経ちました_b0133032_22511317.jpg
カモに入って1年半が経ちました_b0133032_22492084.jpg

カモに入って1年半が経ちました_b0133032_22511293.jpg
カモに入って1年半が経ちました_b0133032_22495236.jpg
カモに入って1年半が経ちました_b0133032_22511401.jpg
カモに入って1年半が経ちました_b0133032_22511427.jpeg

こんな感じでいろんな山に行っておりました。※ほんの一部です
自分はいろんなジャンルの中でも沢登りが好きなようで、もっといろんな沢に行きたいので技術を身につけて強くなりたいと思っています。

カモの会に入って、自分は思うようになったことが何点かあります。

・山の楽しみ方は人それぞれだ!
→アルパインクライミング、沢登り、縦走、フリークライミング、etc。。。
山にはいろんなジャンルがあります。でも、どのジャンルに関してもやってみないと楽しいかどうかわかりません。だからこそいろんなジャンルに挑戦してみることはとても重要なことだと思います。自分もカモの会に入らなければ、沢登りが好きになることはありませんでした。

・安全管理について学ぶこと
山というのはリスクを背負う遊びだと思います。今、SNSで人と人が簡単に繋がる時代となり、初対面同士で山に行くことが簡単に実現する時代となりました。そんな中で希薄となりつつあるのが、山に対する安全管理の意識だと思います。カモの会に入って、安全に対して様々な側面から物事を考える必要があるのだということを知りました。

・いろんな人と山に行くことは楽しい!
会にはいろんな人がいます。いろんな人と山に行くことで、いろんな考え方を学んだり、新しい楽しみ方を知ったりします。これらは自分にとって新しい発見でした。

とここまでつらつらいい事ばかり書きましたが、当然それだけではありません。
めんどくさいなーと思うことも多々ありますし、時間を割かれることも多くなりました。
でも、自分はそれらを超えて、会に入ってよかったと思っています。

みなさんは山が好きですか?
自分はとにかく山が好きです。
カモの会に興味を持った方!ぜひ集会見学に来てみてください!

それでは!yutaでした。

by kamoblog | 2018-10-10 22:59 | 山行 | Trackback | Comments(0)
ヨーロッパ遠征
カモ3年目、Sです。

4月に会のMLに流れてきたMさんからの「シャモニー行きませんか?」のお誘いにびっくり。私がすでに入手済みだったヨーロッパ行きの航空券の日程と、本当に偶然にぴったり一致してたんです。最初は別の場所に行く予定だったのですが、こんな機会もなかなかないですし、ヨーロッパ遠征にご一緒させていただくことになりました。メンバはMさんとHさんと私。私は仕事の関係で高所順応の時間がどうしても取れず、お二人は4000m超級、私は3000m級の山頂をそれぞれ目指すことになりました。

シャモニー滞在3日目、最高の青空。まずは3人でエギーユ・ド・ミディにロープウェイで移動。

ヨーロッパ遠征_b0133032_08042543.jpg


それぞれの出発前に、会の旗でモンブランをバックに記念撮影!(このためにはるばる旗を持ち込みました!)
ヨーロッパ遠征_b0133032_08023834.jpg


モンブラン・タキュルを目指すお二人を展望台でお見送り。本格的な装備が珍しいのか、観光客に沢山写真を撮られてました(笑)
ヨーロッパ遠征_b0133032_08024543.jpg


私は再びロープウェイで下界に降り、1泊2日山小屋泊でエギーユ・ルージュ(赤い針峰群)の最高峰、モン・ビュエを目指します。1日目と2日目前半は、お花畑に囲まれたトレイルをハイク。
ヨーロッパ遠征_b0133032_08071581.jpg

2日目の朝、朝焼けに燃えるモンブラン山群。同じ会のメンバがあそこにいると思うと、感動もひとしおです。
ヨーロッパ遠征_b0133032_08025714.jpg


モン・ビュエの山頂付近は残雪が多く残ってました。
ヨーロッパ遠征_b0133032_08030286.jpg

無事に登頂。エギーユ・ルージュの先にモンブランやグランドジョラス北壁。展望台からでは見られない、大絶景!
ヨーロッパ遠征_b0133032_08030828.jpg

シャモニー滞在5日目は、レスト日のMさんと一緒にヨーロッパで人気沸騰中のヴィア・フェラータへ。
ヨーロッパ遠征_b0133032_08031146.jpg

ハーネス+専用ランヤードをワイヤに接続しているので滑落の危険はない&よく整備されているのですが、なかなかの高度感。
ヨーロッパ遠征_b0133032_08031547.jpg

最後の最後に、こんなワイヤー橋も!!いたずら好き(?)なMさんに揺らされて、すっかり腰が引けてるところを激写されちゃいましたー(汗)
ヨーロッパ遠征_b0133032_08311073.jpg

いままでも何回かヨーロッパでハイクをしたことはありましたが、これだけ充実した山行ができたのは初めて!ずっと天候にも恵まれ、全員がそれぞれの目的を全て達成できたのは本当にラッキー。シャモニーでの滞在(沢山美味しいもの食べれた♪)も含めて、本当に楽しい遠征でした!!


by kamoblog | 2018-08-11 09:07 | 山行 | Trackback | Comments(0)