人気ブログランキング |
神奈川・東京ほか在住の20~40歳代中心のオールラウンド登山を行う山岳会です。
by kamoblog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
山行
カモな日々
集会
気象
その他
ギア
トレーニング
新人日記
集会レポ
未分類
以前の記事
2020年 03月
2020年 01月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のコメント
http://www.h..
by アドベンチャー at 06:54
Good day I a..
by Marken T s at 01:36
Nie wiesz ja..
by jak schudnąć at 21:19
自分はREIの通販で購入..
by 雷鳥 at 01:55
初めまして。 ジム..
by すかんく at 13:43
埼玉の誇るスーパーボルダ..
by fukusho at 23:59
朝の山の写真メガキレイやわ!
by misty at 22:44
暖かいところでのんびりク..
by yama at 22:45
おつかれさまでした い..
by marina at 11:44
雷鳴って、いきなり冷たい..
by marina at 19:45
最新のトラックバック
検索
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:山行( 101 )
2013年のラストは、聖岳東尾根
こんにちは、笹穴沢以来のtyakuです。

沢登りシーズンも終わり、冬はボチボチフリークライミングでも
やろうかと思っていたのですが、やはり冬は雪山やらずには
いられません。

年末年始は恒例の南アルプス、
3年前は甲斐駒
2年前は塩見岳
去年は北岳池山吊尾根
・・・そして、今年は聖岳東尾根に行ってきました。

聖岳は本州最南の3,000m峰、東尾根は冬季ルート。
そうでなくともドデかい聖岳から東に伸びる長大な尾根。
この時期にトライするのにもってこい。

初日は沼平から14kmの林道を黙々と歩きます。
2013年のラストは、聖岳東尾根_b0133032_83181.jpg


2日目は延々9時間以上のラッセル。
みな恍惚の表情を浮かべてました。
2013年のラストは、聖岳東尾根_b0133032_82502.jpg


そして、アタック日。図ったような好天
2013年のラストは、聖岳東尾根_b0133032_833722.jpg


ハイライトの奥聖岳直下
2013年のラストは、聖岳東尾根_b0133032_832470.jpg


前聖岳山頂ダー!
2013年のラストは、聖岳東尾根_b0133032_84377.jpg


天空の散歩道を引き返します。
2013年のラストは、聖岳東尾根_b0133032_834972.jpg


2013年最後の山行も素晴らしいものとなりました。
2014年も安全且つエキサイティングなトライができると良いですね!

記録や写真、詳しくはヤマレコでご覧くださいませ。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-388322.html
by kamoblog | 2014-01-08 08:10 | 山行 | Trackback | Comments(0)
あけましておめでとうございます。
数年ぶり登場のfukushoです。
まだいます。マイペースに山やってます。

ちょっと前のことなのですが、カモの会HPのアクセス解析をした結果、なぜか、
『ヤマレコ fukusho』
、、、の検索ワードでたどり着いた人が多いらしいです。
えっ、、、ありがとうございます(で、いいのかな?)。

そんなことはさておき。
タイトルでも申し上げましたが、
新年あけましておめでとうございます。
2014年も、みなさまの山ライフが実り多きものになりますよう、
祈念いたします。

そんな感じで、2013/14の年越しは、
山ヤさんっぽくクールに山でキめてきました。

北沢峠ベースの、仙丈ヶ岳・甲斐駒ケ岳。
甲斐駒ケ岳山頂ではガスに包まれてしまったものの、
おおむね好天の下、両ピークを踏むことができました!


12月30日。
カイコマ&鋸岳をバックに、仙丈を目指すメンバーたち。
あけましておめでとうございます。_b0133032_18234163.jpg




12月30日。
小仙丈ヶ岳付近より望む仙丈ヶ岳。結構遠かったです。
あけましておめでとうございます。_b0133032_18242755.jpg




12月31日。
ガスの中、カイコマ山頂を目指しがんばる。
あけましておめでとうございます。_b0133032_1825880.jpg




12月31日。
山頂はあいにくのガス模様。。
あけましておめでとうございます。_b0133032_18274782.jpg




12月31日。
山頂ではガスでしたが、下山時には晴れてピークがこんにちわ。
あけましておめでとうございます。_b0133032_18471427.jpg



山が大好きな仲間といっしょに、大好きな山のなかで迎えた2014年。
きっといい年になるだろうなと思ってます。


さてさて現在、カモでは来年度からの新しい仲間を募集しております。
ご興味のある方は、カモHPより、お問い合わせください!!

ぜひぜひ、いっしょに山を楽しみましょう。
会員一同おまちしてまーす!!
by kamoblog | 2014-01-02 19:16 | 山行 | Trackback | Comments(0)
赤谷川/笹穴沢
お久しぶりです。4年目のtyakuです。まだいます。

後輩の活躍の陰に隠れながら、文字通り、谷に身を
ひそめて、今年は沢ばかり、20本近くこなしてました。

というわけで、
9月最後の週末、土曜日日帰りで笹穴沢へ。今シーズン18本目の沢。

後半の核心30m滝。50mロープ一杯に伸ばして登ります。
赤谷川/笹穴沢_b0133032_12402692.jpg


40m大ナメ滝。その美しさと迫力に歓声が上がります。
赤谷川/笹穴沢_b0133032_12405897.jpg


文字通り川の字となって休憩するメンバーと、後ろに熊一頭。
赤谷川/笹穴沢_b0133032_12411612.jpg


最後は草文字の草原を詰めます。
赤谷川/笹穴沢_b0133032_12412833.jpg



今年の沢シーズンも終わりが近いです。
また、来年も素晴らしい沢と出合えるよう、日々精進したいです。

今年は沢を始めるメンバーが増えました。沢が盛り上がることは嬉しいことです。
また、色んなメンバーと色んな沢に行きたいですね~


詳細はヤマレコに記録、写真UPしました。



ではまた~~
by kamoblog | 2013-09-29 12:48 | 山行 | Trackback | Comments(0)
北鎌尾根
入会2年目のytadoです。

『北鎌尾根』って登山が好きな方なら一度は聞いたことが
あると思います。

槍ヶ岳へ行くバリエーションルート(登山マップに乗ってないルート)
あのとんがった山頂へ一般登山者とは逆側からハシゴも使わず登れるルート。
一般ルートではないので道を間違うと結構危ないし、足場が不安定な箇所が多い
ので普通に登山していては中々行けない場所なんです。

そんなちょっと特別なルートへ行ってきたので報告します。



8/15
初日
朝4:00 上高地出発 微妙に夜があけきらない時間に出た。
この日の目的地は北鎌のコルという槍ヶ岳の北に伸びる険しい尾根の途中にある数少ない
安心してテントが張れるスペース。

ご存知のとおり、上高地は槍ヶ岳の南側、北側まで移動するので、この日の移動距離は
兎に角長い…

しかも、このお盆は暑いので、体力面でキツイ日となるだろうと覚悟。

4:30明神-5:00徳沢-6:00横尾-6:40二の俣-7:00槍沢-7:45ババ平-8:00槍沢大曲り-9:00水俣乗越

と順調に一般登山道は余力を残しつつ通常のエアリアのコースタイムでは8時間かかる所を
5時間30分で突破。

さあ、ここからが本番、通常の登山道ではないルートに!まず水俣乗越を北側へ下ります。
この下りが油断すると雪渓の危険箇所に向かってしまっいそうだし、足場も弱い…

そのまま北鎌コルへ続く沢入口まで下り続けます。


北鎌尾根_b0133032_2331620.jpg


ここからの登りがこの日の核心。

まず、槍ヶ岳山頂まで水の補充が出来ないので3.5L水を汲みます。
あ~荷物が重くなった…更にこの登りの道?沢がちょっと険しい。
大きい岩がゴロゴロしているのでちょっとしたクライミングを繰り返す
登りなので一気に重くなった荷物と共に体力を削られました…
久々の本気バテ…

しかもこの沢、右沢を登るのですが、この沢筋を外してしまうと危険。
僕は無事でしたが、相方が途中でルートを外しかなり怖い目にあった
みたいでした。

結局、北鎌コルに到着したのが13時30分。
みんなお疲れなので早めですがテント設営して明日へ備えます。


8/16
2日目
2:30起床
水の補充が出来ないので涼しいうちから行動を開始。

北鎌尾根_b0133032_23121415.jpg


3:30発、ヘットライトを照らしながら歩き、そのまま夜明けを迎えました。
この山行で初のロープを使い登る独標前でほぼ完全に日が登る。
5:40独標取付開始。右巻ルートもありますが、当然??山岳会なので登って
楽しそうな所は登るみたいです。


北鎌尾根_b0133032_2315451.jpg


6:50独標頂上に到着、いつもとは違う槍の見え方に、このルートの特別感を
感じる。

その後はほぼ右巻ルート、途中先が見えずらく本当に正解ルートか?不安に
なりながら不安定な足場のルートを進み続けます。


北鎌尾根_b0133032_23182826.jpg


そしていよいよ槍直下、意外と登りやすくこのあたりは見た目以上に安心
して歩けました。

最後山頂へのつめはロープを出して登ります。
北鎌尾根_b0133032_23203879.jpg



いやー槍ヶ岳山頂に着いたとき、他の登山者からこの人たちは何処から登ったんた?
的なちょっとした注目して見られるのがちょっと嬉しかったです。


北鎌尾根_b0133032_2323551.jpg


この後、子槍の上でアルペン踊りも踊りました~


更に、個人としてはこの辛目のルートへ一眼を持ち込んだので記念の星撮影

北鎌尾根_b0133032_23245239.jpg


いや~緊張感がもてて眺めも良いルートだったので、辛くともまた行きたいって
思える山行でした。


もっと詳しく情報が知りたい方はヤマレコをご覧下さい。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-6830.html
by kamoblog | 2013-09-05 23:27 | 山行 | Trackback | Comments(0)
アルパインクライミングデビュー 
カモの会に入りとうとう1年が立ちました!
最近後輩が出来たytadoです。

この新人日記での初ネタが沢登りだったと思います。
思い出せば色々あったな…

岩トレ、縦走、冬山縦走、フリークライミング、ボルダリング
何から何までも手をだしまくりましたが

本当の会に入った目的は、アルパインクライミングで
ロープを使い岩を本格的に登る登山をしたかったから。

ほぼ、毎週、クライミングジムへ通い(これは遊び目的でしたが)

三ツ峠でトレーニングを重ねてとうとう先週あの有名な

『谷川岳 一の倉沢』の 衝立岩中央稜に行ってきました。


念願のアルパインデビューってことで気合を入れて
山前日に休みを取って体調万全ってのが理想でしたが
健康診断でバリューム飲んで、下剤を飲んで微妙な体調
でのトライと、微妙に不安な自分でした。

金曜の夜出発で土曜日、日曜日で別のルートを登る予定
でしたが、土曜日は雨で中止、気合の肩透かしでしたが
日曜日は見事な晴れ!
気分良く登りたいので、この日はどのグループより早く岩へ
取り付くために朝3時出発。
夜明け前に一ノ倉沢に入りました。

雪渓を越えて、テールリッジといわれるスラブ岩の取り付き
に到着する頃、夜明けを迎えました。
日本とは思えない、刺々しい山々に朝日がさします。
アルパインクライミングデビュー _b0133032_22364465.jpg


こんな景色が見れて益々、テンションがあがる!
そしてこの日までわかりやすくクライミングを教えてくれたクラック好きのトク師匠と
この一年、一番多く山を共にしたyu-umaとロープを組んで一緒に登ります。
恥ずかしながら師匠が全てリードしてくれました。


アルパインクライミングデビュー _b0133032_22411082.jpg


1P目はⅣ級だが思っていた程難しい登りでもなく、緊張がほぐれる。
2P目は出だしの右面からカンテのトラバースから浮石が多いルートを越えて再度トラバース
   登りは簡単だけど、落石させないか?の不安とトラバース特有の先のホールドがみにくさ
   からちょっと恐怖。
3P目はフツーに簡単だけど、テラスが狭くてビレイが大変だった
アルパインクライミングデビュー _b0133032_22462278.jpg


4P目が核心、5P目のテラス直下のチムニーに手掛かりが少なくちょっとハング気味
   だけど、三ツ峠でこのパターンは何度か登っている。ちょっと苦戦したけど
  体をツッパリ突破

5P目フツーの登り、全般的に簡単
6P目出だしにクラックがあり、師匠、ハンドジャム時に喜びの声をあげてたのが
   印象的
7P目~8P目 草つきであんまり印象なし

登りきっても、この日は直ぐに下降でした。
でも、この下降こそ、練習時に時間を使ってしまい苦手意識があったのと
事故が多いので再び気を引き締めて下りました。
アルパインクライミングデビュー _b0133032_22543172.jpg


下降はでもこの山行で一番気持ち良かった。
程よい達成感となんだかんだで登りの不安から開放され周りの景色や
山の気持ちいい風を感じる。

下山中も気持ちよく晴れている谷川を背に、この日、他のルートを登っていた
カモメンバーと一ノ倉出合いで待ち合わせ、達成を祝い合い記念写真を撮りました。
アルパインクライミングデビュー _b0133032_22572599.jpg



まだまだ、アルパインクラマーとは言えるレベルでは無いのだけれど
良い仲間と一緒ならどんな困難な山やトレでも楽しめるって思えた1日でした。
by kamoblog | 2013-06-11 23:00 | 山行 | Trackback | Comments(0)
雪山 八ヶ岳集中山行
24年度入会 macorinです。

カモに入って念願の雪山デビューを果たしました!
12月にの雪上訓練をうけ、早くも2カ月が経ちました。
この短期間の間に講習を含めすでに6回、雪の登山道を歩く機会を得ています。

どの山行もはじめてのことばかりで、充実したものですが、中でも一番刺激的だったのが1月に行われた集中山行。

参加者約20名、そのうち新人は13名、半数以上が雪山ビギナー。もちろん私もビギナーの一人。
行先、レベル、目的毎に4班にわかれ、先輩の指導のもと二日間たっぷり雪山を満喫してきました。

私が所属した4班は先輩二人に新人4名とやや大所帯。
小淵沢道の駅で前泊(テント)⇒歩行訓練 赤岳鉱泉泊(テント)⇒赤岳登頂 というゆとりをもったスケジュールで赤岳をめざしました。

赤岳は岩陵帯あり、高度感たっぷり、雪山ビギナーの私にはちょっとハードル高めのチャレンジの山。
雪訓の時よりもはるかに急な坂を登り降りしなければならないので、初日の歩行訓練にも自然と気合いが入ります。
ただ坂を上り下りするだけですが、アイゼン、ピッケルの扱いにまだ慣れていないので、なかなか思うようには動けない。
繰り返すことで感覚をつかんで自信をつけていくしかないので、何度もひたすら登り降り。でもこれが結構面白い。
他の班が周りで一緒に訓練していることの相乗効果もあったカモ。
会のメンバーが大勢周りにいてわいわいやっていると、あっという間に時間がすぎてしまい、夕方までがんばりました。
雪山 八ヶ岳集中山行_b0133032_05962.jpg

夜、相当な寒さを覚悟していましたが、我が4班の大きなテントには他の班のメンバーも合流して宴会。
熱気のおかげでテントの中はホッカホカ。
適度な疲労とあたたかさで良く眠ることができました。
(普通はもっと寒いらしい。。。大きなテントでラッキーでした。)


そしていよいよアタック日。
出発は夜明け前、空には星、鉱泉付近はほぼ無風。新人メンバーはそわそわドキドキ。
一方、先輩方はおそらくもう飽きるほど何度も登っているのでぜんぜんフツー、余裕な感じ、
実は私赤岳はちょっと苦手。夏に登った時、後半の急登で息切れした記憶がよみがえり、ちょっと緊張気味でした。
そんな緊張はよそに、パーティーは着々と進み、夜が明けてふと周りを見るとそこには素晴らしい雪景色が!

雪山 八ヶ岳集中山行_b0133032_23563969.jpg


雪山サイコー!と喜んでいるのもつかの間、その後森林限界を超えると、八ヶ岳名物の強風に見舞われました!
やばい~とばされる~(>_<)と身の危険を感じ、集中して雪の斜面にアイゼンとピッケルを突き刺します。
もう気分はほとんどエベレスト登山!雪上訓練で習った耐風姿勢が役立ちます。

雪山 八ヶ岳集中山行_b0133032_23573762.jpg
雪山 八ヶ岳集中山行_b0133032_2358244.jpg
雪山 八ヶ岳集中山行_b0133032_2359055.jpg


強風の中、先輩方に前からも後ろからも見守られつつ必死の思いでで頂上に到達!
やった!登れちゃった!みんなありがとー!と最高の気分。
頂上では風も弱まり、みんなで輪になって登頂の喜びを分かち合いました!

雪山 八ヶ岳集中山行_b0133032_23594493.jpg

雪山 八ヶ岳集中山行_b0133032_015371.jpg

雪山 八ヶ岳集中山行_b0133032_021379.jpg

下りはやわらかめの雪で快適、快速。
「あれが赤岳主稜だよ、阿弥陀岳のバリエーションルートだよ」と普通はいかれないルートの解説を受けながら下山。
「いつか自分も!」思ったメンバーもいたに違いありません。
雪山 八ヶ岳集中山行_b0133032_005532.jpg

テントにもどって一休みした後下山。
他の班もすべて無事行程を終え、美濃戸に集合。集中でないとあり得ない大人数での集合写真。
これだけの人数が一斉に同じ山域に入るって、なかなかないことです。
帰りの温泉、食事もみんなで一緒にわいわいがやがや。
学びも多く、赤岳登頂の喜びをたくさんの仲間と分かち合えた充実の山行でした!!
雪山 八ヶ岳集中山行_b0133032_012454.jpg


雪山は体力的にも技術的にも結構ハード、それでもまた行ってみたいと思えるとても魅力的な世界です。
また美しい景色を味わいに、雪山に行ってみたいと思います!


集中山行の様子はヤマレコで!

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-6420.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-6419.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-6417.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-6416.html
by kamoblog | 2013-02-18 00:24 | 山行 | Trackback | Comments(0)
2013年ご挨拶&新人募集
tyakuです。
遅くなりましたが、2013年も宜しくお願いします。

年末年始は例年以上に遭難のニュースが続きました。
厳しい状況とは言え、行方不明者の救出を信じるとともに、
お亡くなりになった方のご冥福を心よりお祈りします。

カモの会でも各方面で山行が実施されましたが、全パーティ、
無事故で2013年を迎えることができました。

私も、当初は白峰三山の予定でしたが、年末の荒天で出発が
順延となり、30日夜出発で奈良田~池山吊尾根から北岳を
ピストンしてきました。

元日は絶好のアタックチャンスとなりました。
2013年ご挨拶&新人募集_b0133032_232453.jpg

2013年初日の出
2013年ご挨拶&新人募集_b0133032_2322014.jpg

一転、山頂直下はガスガスピューピュー
2013年ご挨拶&新人募集_b0133032_232503.jpg

安全圏まで戻って、皆笑顔。
2013年ご挨拶&新人募集_b0133032_2331326.jpg


最後は笑顔で下山できるよう、今年も日々精進ですね。

ちなみに、カモの会でも2013年の入会の受付が始まりました。
現在は、受付停止中ですが、入会者数によって、また
再開するようです。ご一緒いただける酒好き、話し好き、
そして山好き(個人的には沢好き)の方をお待ちしています!
by kamoblog | 2013-01-14 23:20 | 山行 | Trackback | Comments(0)
八ヶ岳/中山尾根
こんばんは、tyaku@聖夜更かし中です。

今年の冬は、週末に低気圧が近づく悪い流れが続いていますね。
クリスマスの連休も初日は低気圧、イブは寒気南下と残念な感じ。

というわけで、当初の予定を短縮して、23日のワンデイで
yhiro先輩と八ヶ岳の中山尾根に行ってきました。

人気のルートで混雑していましたが、気温は低くもなく暖かすぎる
こともなく、風も昼までは穏やかだったので、快適に登攀することが
できました。

下部岩壁1P目。垂壁から登ったので、難しく感じました。
八ヶ岳/中山尾根_b0133032_2115758.jpg

上部岩壁1P目。核心のハングは残置支点多数、抜け口にガバ多数。
八ヶ岳/中山尾根_b0133032_2122588.jpg

終了点近く。快適です。
八ヶ岳/中山尾根_b0133032_2125892.jpg

昼も過ぎ、予想通り風が強くなってきたので、ちゃっちゃと下山です。
八ヶ岳/中山尾根_b0133032_213846.jpg


八ヶ岳西面、色んなコンディションの中でもっと経験を積んで、次のステップを
踏みたいですね。

yhiro先輩、ありがとうございました。
by kamoblog | 2012-12-25 02:20 | 山行 | Trackback | Comments(0)
屋久島遠征
お久しぶりです。

2012年新人2度目の日記 ytadoです。

今日はtyakuさんと城山フリーの予定でしたが☂で久しぶりに家で週末を迎えております。

会の活動に本格的に参加しだしたのが6月

ほぼ毎週末山に行き続けてます。

ヤマレコ記録を見るとびっくり!!山に行った回数33回、山の中で過ごした日数52日

なんか、ダブルカウントさた記録もあるのでは…と思うほど。

内訳で一番参加したのが沢登りで7回!他にはマルチクライミングトレ、ボルダーも行ったし

10月の3連休には西穂~奥穂間のジャンダルムに新人同士で行き雪に降られる厳しい

状況でも突破したりしたな!本当に濃密な時間を日々過ごしております。

その中で個人的に今回は『屋久島』へ行った山行を日記にします。

屋久島に行くのは8度目でした。

個人的な思い入れの強い山で趣味で続けてる写真撮影目的で通いつめてます。

今回は代表的なルートである荒川登山口から入り縄文杉を見て最高峰の宮之浦岳を

見て、屋久島でも最も神聖なエリアの花山歩道を抜けるルートを歩きました。

今回は今まででも一番天気に恵まれ全く雨に降られず!

初日の夜に今まで撮りたいって狙っていた縄文杉と星空を写真に収められました。

屋久島遠征_b0133032_1926119.jpg


秋の屋久島は冬に備えて動物の動きや植物の実りが半端なく濃厚。

歩いていて鹿や猿に出会いまくり、あう動物皆食にあけくれてました。

屋久島遠征_b0133032_19362929.jpg


ここらへんが屋久島の魅力で生命の力強さをビンビン感じます。

色々山に行きましたが、生き物の多様性や植物の存在感、生存競争に

毎回感動をうけます。生きるってこういうことだって言葉でなくその存在から学べます。

木々も本島よりでかく、必ず寄生生物?を抱えてます。

↓やまぐるまを抱える屋久杉

屋久島遠征_b0133032_19412581.jpg


いつも写真目的の際には一人で山に入るのですが

今回は、ちょっと呼び掛けを会にしただけでこんなに遠くなのに行きたいって

行ってくれるメンバーがいました。

本当、カモの会の人は山好きだな~って感じました。

顔は写真で出しにくいので今回来てくれた2人の後ろ姿を↓

屋久島遠征_b0133032_19463978.jpg


この後、宮之浦岳を突破して、屋久島の本当の自然がある花山歩道を

下り無事帰還しました。

いい写真撮れたし、近々写真展に参加するのでそれにつかえるな。

(写真趣味の方、入会したら私と山に行き、一緒に写真展やりましょう!)

また、このうち一人はまだ山を始めてまもないので初の2泊3日行程で疲れと寒さで大変そう

でした。 

でも、一緒に最後まで頑張っていい景色みれたから素晴らしい山になってたと思う。

頑張らないと本当の仲間にはなれないしね。

また、このメンバーと山に行きたいなって思いました。

さーこれから冬山シーズン!もっとカモの会メンバーと山狂いするぞ!
by kamoblog | 2012-11-17 20:01 | 山行 | Trackback | Comments(0)
大滝攀じって沢納め@神ノ川/伊勢沢
気持ちは新人、3週連続のtyakuです。

米子沢で今シーズンの沢を終える予定でしたが、やはり
丹沢で終えないと。と、土曜日、今シーズンの沢納めに行ってきました。

パートナーは新人しょうへー。かなづちだけど沢は好き、そんな
彼との初デートw

どこへ行くか悩みましたが、夏場はヒルが出て行くのに躊躇する
裏丹沢の伊勢沢にしました。ここの名物は大滝、45mの大滝です。
大滝攀じって沢納め@神ノ川/伊勢沢_b0133032_23241915.jpg


計画初期段階では登るか悩みましたが、やはり今年の総決算。
登ることに。しょうへーも嬉しそう?

大滝攀じって沢納め@神ノ川/伊勢沢_b0133032_23243987.jpg

そんな大滝も無事登攀、終盤はずぶ濡れになりながら、10℃を下回る
寒さの中、水線突破でシャワークライミングで大満足。
沢山のギアと50mロープを持ってきて良かった。

大滝攀じって沢納め@神ノ川/伊勢沢_b0133032_23244651.jpg


今年は4月からの7ヶ月で15本遡行しました。
中止となった笹穴沢を含め、来年はアソコとアソコ、目指します。
by kamoblog | 2012-10-28 23:29 | 山行 | Trackback | Comments(0)