人気ブログランキング |
神奈川・東京ほか在住の20~40歳代中心のオールラウンド登山を行う山岳会です。
by kamoblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
twitter
カテゴリ
全体
山行
カモな日々
集会
気象
その他
ギア
トレーニング
新人日記
集会レポ
未分類
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のコメント
http://www.h..
by アドベンチャー at 06:54
Good day I a..
by Marken T s at 01:36
Nie wiesz ja..
by jak schudnąć at 21:19
自分はREIの通販で購入..
by 雷鳥 at 01:55
初めまして。 ジム..
by すかんく at 13:43
埼玉の誇るスーパーボルダ..
by fukusho at 23:59
朝の山の写真メガキレイやわ!
by misty at 22:44
暖かいところでのんびりク..
by yama at 22:45
おつかれさまでした い..
by marina at 11:44
雷鳴って、いきなり冷たい..
by marina at 19:45
最新のトラックバック
検索
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:新人日記( 64 )
入会一年目で思うこと

こんにちは、カモの会に2019年度入会しました新入会員のサトウです。


9月になり、夜が長く感じる季節になりました。

今年は梅雨が長かったからか、夏が一瞬で目の前を通り過ぎて行った感じがします。

各人、充実した夏になったでしょうか。


入会して間もない現在のフレッシュな気持ちを記録するため、会に入って感じたことなどを書いていこうと思います。




会に入って5ヵ月経ち、なかなかに楽しい山ライフを送っています。

今、強く感じる気持ちが「もっと早く入ってればなー」

「こんな所でこんな楽しい事してる人達がいたなんてなー」と言う気持ち。


私の場合、一般登山道を中心に独りで縦走を5年ほど続けていました。

日本100名山中心にいろいろと歩きました。

山行回数も増えてきて、だんだん慣れてくると心から行きたい山がなくなってきて、山に行っても、楽しいは楽しいけど始めた頃の様な高揚感はすっかり無くなっていました。

何か新しいことを経験しないとマズイなぁと言う気持ちが有り、会の扉を叩きました。


会に入って沢登りやクライミングなど私がやった事ない事を先輩会員の方々に連れて行っていただき新しいジャンルを実際に経験すると、なんて面白いんだ!また行きたい!と思うようになりました。


やった事ない事ってやっぱり楽しいです。それに好きな自然が絡んでると尚更。


今は新鮮な気持ちでまた山を始めた頃のようにワクワクする気持ちになっています。

b0133032_18505249.jpeg

b0133032_18534927.jpeg

b0133032_18542635.jpeg
b0133032_18560320.jpeg
b0133032_18571915.jpeg

b0133032_18573920.jpeg

そして、嬉しいのが一緒に山の話をしたり、山行を供にする仲間が出来た事!

自身のコミュニケーションスキルの低さか単独テン泊縦走というスタイルだったからか、(その他に理由がないと願いたい。)5年やっててなんと一緒に山行ってくれる人が殆どいない言う事実。


カモの会では新入会員は一年に一度、まとめて入会してもらうので自然と「同期」と言う存在が出来ます。

年齢や生まれや仕事もバラバラですが、なんとなく仲間意識が湧いてきます。

会には、一年を通して何回か教育山行と言うものがあり、入会前の山行経験に関わらず、みんなでしっかりと基礎から学ぶ事が出来ます。

平日のクライミングジムも誰かしら会員の方や同期の方がいて、ゆるめの部活っぽくて楽しいです。


b0133032_18580954.jpeg


「山岳会」って言葉は知っていたが、少し重いイメージでした。

でもこんな風に感じるんだったらもっと早く入ってればな、と。


もちろん、団体に所属するならばある程度何かしらの責任を負わなければいけないし、会に長く在籍するのであれば会継続の為の仕事を担わないといけないので、ただただ楽しいだけではないのでしょうけど、とりあえず一年目は楽しむ事を優先していいのかな?(ですかね?)


会には個性的で愉快で経験豊富な先輩方が在籍しており、そう言った方達と知り合えるのもまた非常に楽しいです。

山に関する知識や技術も丁寧に教えてくださいます。

まだ入会して5ヵ月くらいですが入ってよかったなと思っています。



私が山に登る理由の1つとしてあるのが、「生きている」って感じたいから。

急登を登ってはぁはぁヒィヒィ言ながら飲んだ普通の水が、「美味っっ!何これ。」とか。

何か困難そうな事に挑戦してクリアした時とか。

雪山で夢中でラッセルして、ふと周りを見回すと、絶景が広がってて音も生物の気配も感じない時とか。

稜線にテント張って、燃えるような夕陽を見て、眠くなったら昼寝して。夜になったら流れていく星をぼーっと見あげたりとか。

自然の中でそうやって過ごしていると、普段の生活で会社に雇われて効率と生産性重視で行動してる時には決して味わえない充実感があります。



その山の世界が、会に入ってから確実に広がっているのを感じます。


知りたい事、やりたい事、見たい景色、行ってみたい場所、加速度的に増えてるのを感じています。

家に山関係の本が超増えました。笑



私の山レベルだとまだまだ出来る事は少ないですが、カモの会で色々な事を学んで、まだ見た事ない景色を沢山見たい。

常に自分の技量に見合った何かに挑戦する人間で居続けたいなーと思ってます。



ひとりの人間の情熱を全開にぶつけられるくらいのキャパが山や自然には有り余る程ある思います。

これからも自分の出来る範囲で安全重視で!山ライフ楽しんで行きたいなと考えてます。


カモ一年目のサトウでした。


by kamoblog | 2019-09-11 18:50 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
夏休み後編 裏銀座縦走
連投失礼します。yoshikitoです。
夏休みの後半は、会社の先輩と裏銀座の縦走に行ってきました。
実は今年の一人一企画として、登録していたのですが直前に決まったので。。。また、別の企画出します。

昨年、荒川三山に連れて行ってもらい初めて縦走を経験し、アルプスにも銀座があると聞いて気になっていたルートです。
表より裏の方が人が少ないだろうと期待して、残り少ない夏休みの2泊3日に押し込んだ山行としました。
山を歩いていた2日間と半日は天気も良く、アルプスのスカイライン歩行を楽しむことができました。裏銀座縦走は、七倉から双六小屋まではほとんどの人が同じ行程を行き、他グループとの不思議な一体感や会話も楽しさの一つですね。烏帽子小屋、双六小屋とテント泊し、最後は笠方面の抜戸岳から笠新道で下山。新穂高温泉で癒された後、バスで東京へ帰還しました。日程に余裕があるのであれば、急ぐよりもゆっくり楽しみたいルートでした。
b0133032_00071462.jpg
初日は七倉から黙々と歩き、烏帽子小屋に幕営の後、烏帽子岳へ。立山、後立、赤牛、薬師と北アルプスが一望できるので、おススメです。同じく裏銀座を行く登山者と山の話をし、良い時間でした。
b0133032_00072588.jpg
縦走と言えば、ご来光。三ツ岳より。
b0133032_00073743.jpg
縦走と言えば、モルゲンロード。槍まで見えました。2日目は延々と尾根筋を進みます。
b0133032_00130982.jpg
百名山一つ目、野口五郎岳より。まだまだ続く気が遠くなるほど稜線。永遠に歩ける気がする。
b0133032_00131771.jpg
槍がかっこいいシリーズ。ずっと見えている槍ヶ岳とミヤマリンドウが素敵。
b0133032_00132282.jpg
百名山二つ目、水晶岳。ついでと考えていましたが、岩稜帯に水晶のキラキラした岩と雲ノ平、赤牛が見えて流石の百名山感でした。
b0133032_00132991.jpg
百名山三つ目の鷲羽岳も越えて、三俣山荘まで。
b0133032_00202940.jpg
三俣山荘では、音楽を聴きながらサイフォン式でコーヒーを淹れてもらえます。
b0133032_00203836.jpg
双六岳を経て、やっと双六小屋に到着。この日はよく歩いた。
b0133032_00204481.jpg
3日目朝、槍がかっこいいシリーズ。笠ヶ岳方面に進むと、槍ヶ岳~大キレット~穂高~ジャンダルムを見ることができます。海の日連休に中止したので、またいつか行こうと思いました。
b0133032_00255045.jpg
笠ヶ岳と打込谷。遡行対象、いつか行こう。
b0133032_00255653.jpg
抜戸岳はガッスガス、ここから笠新道へのルートがやや不明瞭
b0133032_00260073.jpg
数日前に降りたクリヤ谷新道を見ながら、カールの中を下ります。ここの穴毛谷というのも遡行できるらしい。この後は酷暑の中、下山。笠新道登りはすごくきつそう。新穂高の中崎温泉は、ぬるめのお湯でゆっくり入って癒されました。

by kamoblog | 2019-08-29 00:30 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
夏休み前編 笠谷遡行
こんにちは、yoshikitoです。
お久しぶりですが、夏休みとても楽しかったので投稿します。

今年は、yutaさんkaguさんと葛根田川~大深沢を計画していたのですが、東北方面の天候が芳しくなく、代替案である笠谷へ。想像していたよりも厳しく、壮大で、変化に富んだ非常に思い出深い遡行となりました。一緒に行ったメンバーも良かった。

笠谷は、百名山である笠ヶ岳に詰め上げることのできる遡行ルートで、つまり、百名山ハントと北アルプス沢遡行が一度に楽しめるお得コースです。周辺には小倉谷、双六谷と言った有名遡行ルートがありますが、笠谷は記録少なめ。遡行グレード自体は、初級~と思いますが僕たちの技術レベルでは挑戦的、協力して進む感じ、バリエーションの楽しさを味わいながら、今シーズンで鍛えられた力を全て出し尽くしての山行となった会心の一本でした。
b0133032_23240754.jpg
まずは、藪漕ぎ含む3.5時間の林道歩きから始まります。
b0133032_23253720.jpg
入渓後すぐに一つ目の大滝。ミスト状になっている所で水浴びしたりした後、左岸を巻きあがりました。巻きのルーファイがなかなか難しかったです。
b0133032_23280737.jpg
ゴルジュを抜けると、またすぐに大滝。岩小屋があり、裏側からは簾状の滝を通して青空が見え綺麗でした。
左岸のぐずぐずルンゼから巻きました。
b0133032_23310002.jpg
せっかくの夏沢なので。意味はないけど、泳ぐ
b0133032_23320559.jpg
大滝の巻きが予想よりも難儀で、予定地よりも手前の1480辺りで幕営しました。やっぱり焚き火が素晴らしいです。
夜はそのまま焚き火脇で就寝。
b0133032_23344432.jpg
2日目は、アルプスらしい広大な河原歩きからスタート
b0133032_23351066.jpg
いくつも中程度の滝を越えて標高を上げて行くと、岩場岩場した感じになってきました。
b0133032_23354201.jpg
まさか、あんな滝の方向じゃないようね?って方がルートでした。ここから、ガンガンに岩場を進むことに。
b0133032_23374612.jpg
笠ヶ岳は2897m, まだまだ700m近くもあります。
b0133032_23375587.jpg
つるべで登ったり、フリーで行って荷上げしたり。バーティカルに登っていきます。振り返った時に見える景色と谷沿いに吹く風が気持ち良い。
b0133032_23414211.jpg
高感度あるスラブ帯とザレザレもあり。
b0133032_23440875.jpg
やっと南西尾根に詰め上げました。
b0133032_23453499.jpg
思いのほか長く、登攀的な二日目でしたが、ヒヤリハットもなく山頂へ到着。今日は笠ヶ岳山荘のテント場に泊まります。
b0133032_23442017.jpg
テント場からは、雲海と槍が岳から出る日の出が綺麗でした。
b0133032_23442364.jpg
クリヤ谷新道から下山しましたが、道中、登ってきたルートがよく見えて、また感慨深いものでした。いやー楽しかった。


おまけ。4日目は、デート沢で名高い沢上谷で癒されてきました。
b0133032_00362634.jpg
b0133032_00363190.jpg
b0133032_00363483.jpg
b0133032_00363666.jpg
b0133032_00363832.jpg




by kamoblog | 2019-08-28 23:40 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
山岳会入会1年目に感じたこと。

カモの会入会一年目のN子です。山岳会「カモの会」に入会して8ヶ月がたちます。
去年の今頃、ちょうど山岳会を探していたことを思い出しました。

今回は、どんな山に行ったかという話ではなく、山岳会に入った理由と山岳会に入会して感じたことを書きます。

登山を始めたきっかけ

自然の中を歩くのが好きなのは子どもの頃から。大人になっても、機会があれば国内外のトレッキングやハイキングを楽しんでいました。簡単な山を運動靴で歩いていた私が、きちんとした登山靴を購入したのは2年前。友人に誘われて槍ヶ岳を目指すことになったことがきっかけです。

北アルプスデビューは快晴に恵まれ、素晴らしい景色を堪能。ヘトヘトになりながらも歩けたことが自信に繋がり、その夏何度も山へ通い、すっかり山の虜に。
b0133032_11450356.jpg

「カモの会」に入ろうと思った理由

登山歴2年目、もっと高いところへ、もっと奥地へ、そしてちょっとスリリングなところへ。登山好きであっても誰でも行けるところではない場所へ行きたいという欲が生まれます。
例えば、アイゼンやピッケルを必要とする冬山に挑戦することであったり、北アルプスの大キレットやジャンダルムを通過すること。

自分のレベルで行っていい場所なのかわからず、同じような経験しかない登山仲間と行くには不安。でも、ステップアップしたい。何からすればいいんだろう。そんな思いから「カモの会」の説明会に参加することにしました。
b0133032_11335256.jpg
入会の決めては二つ。一つは、既存会員の方々が楽しそうに山の話をしていたから。もう一つは、入会時期が年に一度のカモの会では、同期と呼べる仲間ができるから。
山好きな仲間が増え、一緒に山に行けたら嬉しい。

山岳会へのとまどい

集会や説明会では、会の先輩方に「どんな山やりたいの?」とたびたび聞かれました。「え、山って種類があるんですか?」というのが私の心の声。夏山か冬山かくらいしか思い浮かんできません。
だって、ロープを使った登攀や、登山道でない場所を歩くのは、一般の人が行くところではないと思っていたから。登山家や、そうでなくてもプロフェッショナルな領域だと。そんな場所へ行きたいかどうかなど考えたこともなかった。私もそんなことしてみたい、行ってみたいって言っていいんですか。。
b0133032_11330029.jpg


山岳会へ入ってから感じたこと

山岳会の先輩方の話から、沢登り、アルパイン、フリークライミングなど、ピークハントや縦走をする以外にもたくさんの山の楽しみ方があることを知ります。

なんだかとても楽しそう。誰にでも見れる景色ではない、そんなところへ自分の足で行ってみたい。
b0133032_11420131.jpeg
まずはできることから、、、と夏くらいからクライミングジムに通うようになりました。それをきっかけに、ロープを使用する登山へ向けた練習やフリークライミングも教えてもらうようになります。

今まで出来なかったことが出来るようになるのが楽しくて、「なんで今までこんな面白いことをやってこなかったんだろう!」と思いました。
b0133032_11420017.jpeg

何か新しいことを始めるとき、「もう遅いかな」「もっと早く始めていれば良かったな」とネガティブな考えが浮かぶのは、登山に限ったことではありません。でも、始めてしまえば必ずあとで「あの時始めておいて良かったな」って思うんですよね。何かを始めるのに「今より早いときはないんだ」と。

山岳会に入ったことも、クライミングを始めたことも同じ。きっと今年入会しなかったら、翌年「去年入会しておいたら良かったな」って思ったに違いないと思います。

山岳会でこれからやりたいこと

「どんなところに行きたいの?」と聞かれて、いまだに一般登山道以外のルートはぱっと出てきません。

でも、自分の経験や知識だけでは行けないようなところへ、経験のある先輩方に連れて行ってもらうときはワクワクします。
同期の仲間と縦走しながら、数年後には自分たちの力で同じ山にバリエーションルートで来てみたいと話すことも。
b0133032_11332318.jpg
「カモの会」に入会する前より挑戦してみたいことが増えたことは確かで、そんな世界を教えてくれた会の先輩方に感謝の気持ちと憧れを抱きつつ、「いつかは自分も」という小さな闘志を燃やしていきたいと思います。

by kamoblog | 2018-12-18 11:55 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
2018年夏山の記録
こんにちは、新人のyoshikitoです。
毎週、楽しい週末を過ごさせてもらっていますので、夏山ハイライト書いていきます。

入会後、約半年が経ちましたが、会の山行で良いことは、自分では行けない場所へ行けること、そして他メンバーのこだわりが見れることですね。バリエーションルートは一人で行くことは難しいですし、PH、縦走に行くときも、他メンバーの料理、歩き方、テント場お役立ちグッズ等々、山行の度に「それ良い!」と思ってばかりです。また、山行の度にあそこが良い、このジャンルも面白いという話を聞き、やりたいこと、行きたいところが倍々に増えてます。時間足りないなー。

小川谷廊下
6月。入会後、先輩にお願いして連れて行ってもらった場所です。ゴルジュ帯の登攀系で、僕は登れない箇所が数か所、精進しなくては。
b0133032_14052716.jpg
硫黄岳/赤岳
6月。懇親会、夏山テント泊トレを兼ねた年会行事で赤岳鉱泉泊。個人として、2,500m以上の山に登ったのは初でした。綺麗ですね。みんなでワイワイ、カレー対決がおいしかったです。
b0133032_14391613.jpg
b0133032_14392423.jpg

荒川岳/赤石岳
7月。募集に乗っかり、椹島からの周遊2泊3日でした。1日目の辛い登りに耐えた後の日の出、縦走、花畑に感動しました。初3,000m越!
b0133032_14082444.jpg
b0133032_14083750.jpg


鶏冠谷右俣
7月。mjunさんにお誘いいただき、西沢渓谷へ。登れる滝も多く、途中の高巻きで緊張し、上部はナメで癒されとバリエーションに富んだ良い沢でした。
b0133032_14112403.jpg
b0133032_14095439.jpg

日光白根山
7月。カモの同期と日帰り登山でした。湯元側から登ると前白根と白根山が一緒に見えるのでgoodです。

b0133032_14120368.jpg


小常木谷
7月。増水していて途中撤退、早い時間から温泉でゆっくりして帰宅。
b0133032_14131635.jpg
b0133032_14133651.jpg

白馬大池/白馬岳
8月。スキーではよく行く白馬の山に登ってみたく白馬大池へ。ロープウェイで楽々だし、きれいで素敵な場所ですね。
b0133032_14152267.jpg
b0133032_14153595.jpg
b0133032_14154747.jpg
b0133032_14161081.jpg
b0133032_14162433.jpg

劔岳
8月。雷鳥さんツアー、悪天の間を突く名采配により晴天の剱岳へ登頂できました。
b0133032_14284648.jpg
b0133032_14285763.jpg
b0133032_14290514.jpg

八ヶ岳
9月。初ソロ、小淵沢~美濃戸口、飛ばし過ぎてバテました。次回は晴れてるときに蓼科山まで行きたいです。
b0133032_14295346.jpg

中津川大若沢
9月。1つ上の先輩2人と、大若沢へ。同期2人でザイル結んでいるのを見て、いいなと思いました。登れる滝多く、楽しい遡行でした。
b0133032_14313051.jpg
b0133032_14314221.jpg
唐松岳
9月。天候不良のため、扇沢~八方を変更し唐松岳へ行きました。8月に登った劔岳がきれいに見えて、沢山登ってるなーとしみじみ。
b0133032_14344989.jpg
b0133032_14342501.jpg
b0133032_14343818.jpg


苦土川井戸沢
10月。3連休、秋田の虎毛沢に誘っていただいたものの、台風のため那須の井戸沢へ転進となりました。紅葉が始まっており、遡行と紅葉と、そして前泊と星空が素敵な週末でした。
b0133032_14360890.jpg
b0133032_14361952.jpg
これから冬山シーズンが始まります。楽しみですね!!

by kamoblog | 2018-10-13 15:34 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
仲間がたくさん♪
カモ新人のKaguです。

家具屋っぽい名前なのでKaguです。(大塚ではありません)

ゆるっとした癒し渓の沢登り(沢歩き?)が好きで、そんなところにご一緒できる仲間が出来ればと思って入会しました。

9月はいくつか沢企画にエントリーさせていただいたものの、お天気が悪く本命には行けず…。

でも最後の週にやっと、ヘイズル沢へ行けました。

美渓なのにヌメヌメで(笑)、中秋の名月のもと焚火をして線香花火をして、ツメの源頭部は紅葉が始まっていて、お腹いっぱい楽しめました。



b0133032_23043498.jpg
b0133032_23044480.jpg


カモに入ってよかったと思うのは、先輩方と沢に行けることもひとつですが、もうひとつは同期の仲間がたくさんできたこと。

社会人以降、新しく同期ができることはほとんどないので、同期の仲間っていうのが楽しい。

しかも年齢も経験もバラバラで、山以外の趣味のことを教えてもらったり。

11月にはカメラに詳しい人の写真山行の企画もあったり。

私は単独行はしないので、これまで行きたい山になかなか行けずにいましたが、気軽に声を掛けられる仲間ができたのはとても嬉しいです。

7月には以前から行きたかった中央アルプスの南駒ケ岳・越百山へ行くことができ、10月はまもなく飯豊山へ。

b0133032_23050885.jpg

b0133032_23134129.jpg

そして、いろんな山行の話を聞けるのも面白いし刺激になります。

シャモニーに行った方の話が魅力的で、私も行ってみたいと思いました。

これからフィールドを広げていろんな経験をしていけたらと思っています。


by kamoblog | 2018-10-06 23:20 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
カモの会に入って
カモ2年目kanemingです。
初日記です。

皆さんは山岳会に入ろうと思った時、どんな事をやろうと思って入会しますか?
私の場合は見様見真似で始めた雪山で怖い思いをしたので、「山岳会入って雪山の技術を習いたい!」と思ったのがきっかけでした。
条件も集会場が近くて通いやすい所がいいなって事でカモに決めました。
そして入会してから先輩たちに聞かれたのが「何をやりたいの?どんな山行したいの?」って事でした。
何をしたいのって・・・山なんですけど(笑)と言うくらい山行の種類には無知でした。
あまり深くどんな事がやりたいとか、考えてなかったのが本音です。
山って歩いて登るくらいしか知識はありませんでした。
中にはちゃんと岩やりたい、沢やりたい、バックカントリーやりたいとか決めてくる人もいますが、私は岩なんて怖くて嫌だし、沢は水に濡れたくないから気は進まないし、そもそもに岩とか沢って何するの?って最初はこんな感じでした。

でも入会してから先輩達が行っている沢とか岩の山行を見るととても楽しそうなんですよね。
1年目の初めの頃はそんな山行に行ってみたい、でも装備ないし経験ないし迷惑かけるかも。。
みたいな感じで山行記録を眺めてるだけでした。
でも、先輩達が新人向けに用意してくれる山行って言うのはそういう未経験な部分も踏まえての内容なので、もっと積極的に参加してればなと今は少し後悔しています。
それでも1年目では機会があって、入会当初の目標だったジャンダルムに行けたり、初めての雪洞泊が出来たりと貴重な体験ができました。
b0133032_18175271.jpg
b0133032_00261371.jpg


そして2年目
山へいろんな形でアプローチしてみたいと言う気持ちが膨らみ、コレやってみたいアレやってみたいとなったのですが、どれも下積みが必要なんですよね。
私はアルパインに興味を持ったので、昨年一年は三ツ峠で岩登りの練習三昧でした。
b0133032_00380934.jpg
入会前に三ツ峠山に登った時は、屏風岩を登るなんて考えたこともなかったです。
岩登り、ロープワークなどの練習をこれでもかって言うくらいして・・・9月の最終週に谷川の一ノ倉で本番デビュー。
天気にも恵まれ最高の山行でした。
b0133032_00214668.jpg

そして年末には雪の槍ヶ岳へ。
b0133032_00124611.jpg
今までの山行の中で一番きつい物になりましたが、厳冬期の北アルプスで素晴らしい景色を見る事ができました。

ただ一ノ倉も槍ヶ岳も、強い先輩CLがいたおかげなので、まだ自分の力で行った事にはならないんです。
もちろん自分でトレーニングを積んだり、準備をしたりするのは最低限必須ですけど。
将来的には力をつけて自分の力で挑んでいきたいと思います。

まだカモに入会して2年も経っていませんが、入会当初から見ると自分の中の山の世界がこれだけ変わりつつあります。
先日アイスクライミングデビューを果たしました。散々でしたが・・・(笑)
b0133032_00121488.jpg

まだまだやりたい事、行きたい山、行きたいルートは沢山あります。
歩きたいし登りたいし水浴びたいし雪山も登りたいし氷もやりたい。絞れない。
私の山は色々つまみながら幅広く。今はそれしかないと思っています。
何をやりたいのか。分からなければ色々試してみればいいと思います。結局は自分次第です。

4月から入会してくる新人さん達の説明会もとうとう週末に迫ってきました。
これから入会してくる皆さんはどんな山に出会えるのでしょうか。
今から楽しみです。

おしまい

by kamoblog | 2018-02-16 00:27 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
ホワイトクリスマス
こんにちは!カモ1年目のRush711です。
今回は12月の山行について書きたいと思います〜

実は私、カモに入る前はテント泊もした事無く、小屋泊ピークハントが少し経験あるだけ。漠然と剱岳に登りたいな…位の気持ちで入りました。ましてや雪山なんてもってのほか。やる訳がないと思っていましたが…


b0133032_23091547.jpeg

こんなところに来てしまいました。114.png12月23日の日光白根山です。雪山の世界では入門ですが、雪訓の後初の雪山登山となりました。

道中は

b0133032_23150237.png

美しい景色を眺めながら

b0133032_23155011.png

頼もしい先輩に連れらて。
山岳会に入ると色々な山の楽しみ方を知ることが出来ます。当会は縦走も、沢も、クライミングも、雪山もと色々な活動を行っております。

興味のある方は来年一緒に登りましょうー




by kamoblog | 2017-12-25 23:05 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
雪訓に行ってきました。

こんにちは~!!カモ2年目のponoです。

前回新人日記を書いて頂きました、体力お化けの同期Tommyに続き、

カモの会における冬山登山について書きます。

特に12月9日、10日に行いました雪訓について超ざっくり書こうと思います。


皆さま様々な動機をもって山岳会に入られると思いますが、

私がカモの会に入った理由の一つは、主体的に冬山に登れるようになるためです。

皆さまご存知の通り、無雪期と積雪期の登山は全く勝手が違いますので、

今まで通り一人で山に突撃!!...では、手痛い目にあってしまう可能性大です。


そんな冬山初心者のため、また皆が冬山を安全に楽しむために、

カモの会では毎年雪上訓練、略して“雪訓”を実施しています。

雪訓はビギナー、ベテランともに、その年雪山に登る方は参加必須となっております。

場所は富士山5合目の佐藤小屋あたり。

土曜に馬返しから登り、5合目で訓練、

佐藤小屋のテン場で一泊し、翌日も訓練後下山します。


佐藤小屋のテン場はこんな感じ。同じ目的をもった方々がいっぱいいます。

会に入るまでは、冬山は遠い存在でしたので、

こんなにたくさんの方が冬山に入っていることにドン引きでした(笑)。

b0133032_17480413.jpg

冬山は、スコップ、ビーコン、プローブ、アイゼン、ピッケル etc.etc…と、

無雪期には使わないような道具がたくさん必要で、ザックも重いです!

何よりも財布へのダメージが半端ない...

これも訓練の一つなのか...(;_;)

先輩に道具を借りるなどして、節約するのも一つの手段です。


b0133032_18050467.jpg

斜面でキックステップやアイゼン歩行の練習をします。

手袋を付けたままアイゼンを装着するのがなかなか難しい

b0133032_18020691.png

ピッケルを使って滑落停止の練習をします。

ちなみに私は調子に乗って滑りすぎて、ズボンが破れました(^O^)

そんなこともあろうかと、安物を着てきてよかったです。

b0133032_17524337.png

こんな感じで二日間皆で練習し、晴れて冬山に行けるようになるのです!

まだまだ主体的にとはいきませんが、

経験を積んで行きたい冬山に自分で行けるようになりたいですね。

今年も頑張りまーす!!

b0133032_18100823.jpg


by kamoblog | 2017-12-16 18:24 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
冬山に行きたいな
こんちは!カモ2年目とみーです。

秋の3連休、カモの人達はあちこちのお山に出かけてます。
紅葉もきれいだし、空気もカラッとして良い時期ですね。

そして段々と冬に近づいてきました!雪山いきたーい。
カモは皆が雪山をやるわけではありません。(半数以下。寒いし重いしお金かかるし…)
でもやりたいと思えば、雪上訓練をこなすと、連れていってもらうこともできます。

私は雪山ハイク程度はやったことがありましたが、
自分で行きたいところに行けるようになりたくて入会しました。
ということで、1年目でどんな山に行けたのか紹介したいと思います。

まずは、12月の富士山での雪上訓練。
ここでアイゼンでの歩き方やピッケルの使い方、滑落停止など基本的な動きを練習します。
冬のテントにびびってましたが、分厚いシュラフを買ったので快適に過ごせました。
b0133032_23075584.jpg

次に年末山行、2泊3日で鳳凰三山へ。
行程も長くてよれましたが、初めて三山縦走できて、達成感がありました。
b0133032_23141821.jpg

1月には日光白根。
雪がふかふかで歩いているだけで楽しいです。
b0133032_23180280.jpg

2月には瑞牆山、ここは雪が少なくて、岩と氷でした。
しかしお天気も良くて、ポカポカ。
b0133032_23203014.jpg

3月は谷川岳で雷鳥さんプレゼンツ雪洞山行
5時間かけて快適な住まいをつくりました。
雪の中に寝るなんて…、世の中そんなことをしている人がいるなんて…。
b0133032_23243080.jpg
平日に有休とって木曽駒連れて行ってもらったり。
解放感と空き具合が素晴らしいです。
b0133032_23261473.jpg

残雪期はあまり行けなかったのですが、締めにはGWの奥穂高岳。
四つん這いで登ったり下りたり。北アルプスの山々がますますカッコ良かったです。
b0133032_23272802.jpg

こんな感じで、1年目の雪山入門は始まりました。
今シーズンはもっと色んなとこ行って、来シーズンには目指せ富士山!


by kamoblog | 2017-10-07 23:54 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)