人気ブログランキング |
神奈川・東京ほか在住の20~40歳代中心のオールラウンド登山を行う山岳会です。
by kamoblog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
山行
カモな日々
集会
気象
その他
ギア
トレーニング
新人日記
集会レポ
未分類
以前の記事
2020年 03月
2020年 01月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のコメント
http://www.h..
by アドベンチャー at 06:54
Good day I a..
by Marken T s at 01:36
Nie wiesz ja..
by jak schudnąć at 21:19
自分はREIの通販で購入..
by 雷鳥 at 01:55
初めまして。 ジム..
by すかんく at 13:43
埼玉の誇るスーパーボルダ..
by fukusho at 23:59
朝の山の写真メガキレイやわ!
by misty at 22:44
暖かいところでのんびりク..
by yama at 22:45
おつかれさまでした い..
by marina at 11:44
雷鳴って、いきなり冷たい..
by marina at 19:45
最新のトラックバック
検索
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:新人日記( 64 )
BC入門@かぐら
こんにちは!カモ1年目のUです。

1月16日-17日とバックカントリーツアーに行ってきました。
参加者はリーダーでテレマーカーのGさん、スノーボーダーで私と同じ1年目のIさん、私(スノーボーダー)の3人です。場所はかぐら(スキー場からのアクセス)、和田小屋泊です。

今回のツアーは私にとっては今シーズン初にしてカモ初のBCでした。個人的な話ですが、私はBCがやりたくてカモに入りました。昨シーズン終わりのGW明けから筋トレやスノーバ等各種オフトレに励み、レアなスノーボードDVDをヤフオクで落とそうと頑張ったり(競り負けました)、近所の公園でイメトレのためスノーシューを背負ったままスケートして危うく通報されそうになりました。それもこれもより良い滑走のため。

さて、そんな思い入れのある自分にとって初カモBCツアーはこんなかんじでした↓


<1日目>
始発の新幹線を使って最短ルートでかぐら・みつまたスキー場へ。
時間短縮のため越後湯沢駅に着いた状態でウェアは全部着てブーツまで履いてました。
そっこーでゴンドラに乗って上がります。

和田小屋というゲレンデ中腹にある小屋に泊まるので、宿泊に必要なものもすべて持った状態で行きます。写真は準備するGさんとIさん。
BC入門@かぐら_b0133032_19421481.jpg


8時半に和田小屋に荷物をデポした後、ウォーミングアップにかぐらゲレンデを流しました。
コンディションが整わなかったのでのんびり10時半にハイク開始。風も雪も強くはないですが、ガスってて視界が悪かったです。
BC入門@かぐら_b0133032_19431540.jpg


11時半中尾根到着。ガス+雪不足でルート選びに困りました。
木々の中をドロップポイントを探してあっちこっち。
BC入門@かぐら_b0133032_19441217.jpg


良さそうなところを見つけたので滑走準備に入ります。
中尾根の南斜面を落とすことにしました。
BC入門@かぐら_b0133032_19453398.jpg


Gさんトップでドロップ!華麗なターンを決めてました。
BC入門@かぐら_b0133032_20305247.jpg


続いてIさんもドロップ。
BC入門@かぐら_b0133032_19455450.jpg


中尾根南斜面は、一本木手前は短いものの広い面が広がりトラックも少なかったのでパウダー食べ放題でした。たまりませんな!!白い粉に飢えていた私は満足です。

その後2本目をやる時間はなかったのでゲレンデに戻って基礎的な練習をやっていたところ、Gさんの提案で不整地滑走特訓が始まり、15時45分のリフト運行終了までショートターンで大腿四頭筋を苛め抜きました。脚が死亡したのとリフト終了が同じくらいのタイミングでちょうどよかったです。


そして上がってお風呂入った後は、和田小屋のがっつりごはん。
うまし!量多し!
BC入門@かぐら_b0133032_1946484.jpg


食べた後はもう力尽きて光の速さで撃沈。よく眠れました。



<2日目>
降雪に期待していましたが、起きてみるとあまり雪は降らなかった模様。
しかしその代わりに眩い朝日が!

これはもたもたしてられません。朝食後、てきぱきと準備を済ませてファーストトラックに突入。ほぼ一番乗りのリフトでうれしくなります。
BC入門@かぐら_b0133032_19461561.jpg


リフト降りるとそこに広がるのはキンキンにピステンのかかった斜面。
パウダーもいいですがノートラックのピステンも大好物です。朝日の中3人でゴリゴリのカービング大会を開催しました。
BC入門@かぐら_b0133032_19462698.jpg


面が荒れてきたところで上がり、9時過ぎにハイクアップ開始。
2日目は1日目と違い長いこと日が出ていました。ハイクの途中でも美しい景色に見とれたりします。
BC入門@かぐら_b0133032_19464453.jpg


途中でトップもやらせてもらいました。
ふわふわの雪の中をずんずん進むのは快感ですね。
BC入門@かぐら_b0133032_1947139.jpg


そして着きました、反射板。
ここから落とします。
BC入門@かぐら_b0133032_19471317.jpg


ドロップ前のGさん。動画とったのですがブレてて見てると酔うのでアップできません。すみません!想像で補ってください。
BC入門@かぐら_b0133032_19474564.jpg


反射板下もトラック少なく雪質がよかったので気持ちよくターンできました!
藪が埋まっておらずExitには苦労しましたが、2日目も良い滑走ができました。



<補足>
ピットチェックの演習もしました。
Gさんの弱層形成と雪崩発生のメカニズムについての話は勉強になりましたよ。
BC入門@かぐら_b0133032_19475639.jpg




と、ゲレンデとBC両方堪能できた最高の2日間でした。
リーダーのGさん、同行のIさん、ありがとうございました。
まだまだシーズンも前半なので、BCツアーにもっと行きたいと思います。
by kamoblog | 2016-01-17 21:22 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
雪山登山への道:前編
新人のあやこです。

明けまして おめでとうございます!!
雪山登山への道:前編_b0133032_22255089.jpg


2016年の幕開けは、なんと、念願の、燕岳で迎えることができました。
写真はその時の初日の出。
なんだい燕ごときで大げさな…という声が聞こえてきそうですが、登山歴2年(カモ歴1年弱)の私にとってはオオゴトで、昨年のカモ入会前には夢見たものの、身近に山行く人なんてほとんどいなく、やっても無雪期ハイキングぐらいっていう日常。ましてや雪山なんて、ねぇ、、、
1年前には遠い世界だったのです(涙)

行きたいからって簡単に行けるわけでもなく、
この冬の始まりに、私が踏んだ4つのステップをご紹介。

ステップ①
11月29日【歩荷トレ@塔の岳】
秋に出張や引越しでしばらく山に行けてなかった自分のリハビリと、雪山行くなら重い装備担ぐ体力が必要ってことで、新人&先輩の女子4人で20キロ担いでヤビツ峠〜塔の岳〜大倉尾根。
雪山登山への道:前編_b0133032_22552428.jpg


ステップ②
12月5日【歩荷トレ@鍋割山】
前週お隣の山にいってたのに。でもだってまだ自信ないんだもん。だったので声かけて集まってくださった先輩&新人・男女4人で歩荷トレ。丹沢は歩荷に最適です。今回は二股〜鍋割山で焼うどん〜小丸尾根から下山〜焼肉。楽しみすぎてしまった。でもちゃんと20キロ担ぎましたよ。
雪山登山への道:前編_b0133032_23141881.jpg


ステップ③
12月12日〜13日【雪上訓練@富士山・五合目】
カモの会では、雪山に行く人は必ず雪上訓練を受けるルールになっています。11月の集会で事前に机上講習を受け、実施訓練は富士山五合目。2週5班に分かれ、先輩方から雪山のノウハウを教えていただきました。
・雪山で注意すべき出来事、持ち物や衣類のレイヤリング等の確認
・アイゼン、ピッケル、ビーコン、プローブなど、雪山道具の使い方。
・雪上の歩き方や滑落停止などの実践練習。
・雪山でのテント泊等々…
今年は雪が少なかったものの、盛りだくさんの前泊+1泊2日。
雪山登山への道:前編_b0133032_23352539.jpg


ステップ④
12月19日〜20日【カモクリ@安達太良山】
「カモクリ」とは、カモの会クリスマスパーティーのこと。
お酒とすき焼きを山小屋まで担ぎ上げて、温泉付き宴会山行です!
もちろんピークハントもします。2日目だけ。
私ミッションは、年末の北アルプスに入る前に雪山の経験をする事。

1日目、てくてく歩いて山小屋へ。
雪山登山への道:前編_b0133032_23534749.jpg

担ぎ上げたお酒達!宴だ♫ 宴だ〜♫
雪山登山への道:前編_b0133032_23551035.jpg

元料理人(らしい)Kp先輩特性すき焼き✨
奮発しちゃった♡お肉が輝く。う…旨し!
雪山登山への道:前編_b0133032_2357494.jpg

プレゼント交換やゲームや語らいで、遅くまで盛り上がり。。。

で、2日目、早朝から(二日酔いの為ちょっと寝坊して)安達太良山ピークハント!
これが初めての雪山登山!
出発時、ガスガスっす。。。山頂までずっとガス。
雪山登山への道:前編_b0133032_025587.jpg

サンタさんも合流してなんとか登頂!
雪山登山への道:前編_b0133032_0123088.jpg

おやおやちょっと待って…
雪山登山への道:前編_b0133032_014170.jpg

は…晴れてきたーーー!
雪山登山への道:前編_b0133032_0173182.jpg

おーい!全部見えるよー!
雪山登山への道:前編_b0133032_0181083.jpg

ついてる!!!
雪山登山への道:前編_b0133032_020274.jpg

からの、名物・味噌カツ丼
雪山登山への道:前編_b0133032_02127.jpg


そんなこんなで着実に経験を積み重ね、
そしていよいよ12月30日〜1月1日【年越し@燕】


。。。まさかの。。。次回に続く。
by kamoblog | 2016-01-07 00:40 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
スイカ日和
最近、涼しい日が続きますね♪
はじめまして、新人のako4125です。


先日行った唐松五竜の縦走報告をしたいと思います。
カモの会では、新人1年目が先輩へ行きたい山行をリクエストできる企画があります。
先輩と新人の距離を縮めてくれる、なんて嬉しいお話…早速、4月に大好きな先輩へお願いをしました。

とはいえ、先輩方は、私たちが今までどんな山に登っていたのか、どのくらい体力があるか知りません。
そのために事前の15キロ以上の歩荷訓練やテン泊の練習まで時間を割いて計画してくださいました。
(ご自身で行きたいところもあったでしょうに、、、ありがとうございます!)
当日の役割分担、事前にお天気や軽量化のコツ、時間配分、テン泊のいろはなど、
たくさん教えていただきました。

先輩2人、新人女子6人の計8人の大人数になってしまいましたが、
自分がリクエストしておいて、計画書を作ってもらって、重い荷物持ってもらって、
ただただ山行当日を迎えるなんておかしいーそう思っていました。


カモの会に入る前、「どんな会なんだろう?」と先輩方の書いたヤマレコの感想を読んでいて
「体力がなくても、知識がなくても、盛り上げ役でもいいから、自分にできることをすればいい」
この印象的な言葉に少し涙ぐんだ、入会を決めた一つです。

そこでリクエストを応えてくださった先輩へ申し出ました。
「私たちにできることがあれば手伝いますので、言ってください」

往復の交通手段を調べて手配したり、計画書を作成したり、デザートを作ったり、毎週のように山へ行って体力をつけたり、新人女子6人は先輩方に迷惑をかけないよう、それぞれ動きました。


、、、当日。
待っていたかのような晴天!
先頭と最後尾を歩く先輩方は私達の体調など一つ一つを常に気を遣ってくださっていました。
女子8人ともなると賑やかでしたが、共同装備も全員で歩荷です。

今年は雪解けが遅く、雪渓が残っています。
歩けば暑いし休憩すれば寒いを繰り返し、岩場も声を掛けあいながらみんな慎重に一歩一歩進みました。
途中のコルでの休憩で、なんと先輩のザックから大きなスイカが!!!
これには全員でビックリ!感動です(☆_☆)

スイカ日和_b0133032_16335436.jpg


五竜岳に着くとテントの設営と夜ごはん作り。
食担の新人達を目の前に、もう一人の先輩はお酒やお菓子を持ってきていたり、生野菜でお料理!
山頂で生野菜が食べられるなんて、お年頃の私達には嬉しい(笑)

お酒も女子会もほどほどにし、
いよいよ翌日は2:30起床、混む前に五竜の山頂を目指すことに。
荷物を最小にして出発です。
次第に朝日が輝き始め、行く先の道を一気に明るく照らしました。
見渡す限りの山々、別世界のこの場所に今自分がいること、なんだかとても不思議な気がしました。
山頂へ着くとみんなでハイタッチ、朝から女子は元気です!

スイカ日和_b0133032_1634787.jpg


テン場へ戻ってきて、さぁ下山。
それは遠い遠い炎天下の道のりも、交代で先頭を歩く勉強。
山岳会は先輩から教えていただいたことを後輩へ受け継ぐ、という風習があります。
すれ違いを防ぎ、休憩場所探し、歩き方など考えることがいっぱい!
何度も経験を積んで呼吸を合わさなければなりません。
まだまだです。


一つの山行が次への山行につながるんですよね。
私達新人は、来年同じようにこれから入会を検討している皆さんへこのバトンを繋ぐために
頑張ってます(^^)/
たくさんの経験を積ませてくれる先輩方にとても感謝しています。
一緒に素敵な山行しましょう!
by kamoblog | 2015-08-27 16:37 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
沢登りデビューしました!
はじめまして。新人のますみです。
先日、初めて沢登りをやりました!

沢登り…そう、「沢」を「登る」んです。
登山を始めてまだ2年目、超初心者の私。
4月の入会時には沢登りの存在すら知らず、しばらくは縦走だけで十分!と思っていたはずが。

5月の集会で報告があった屋久島の沢の写真を見て、(詳しくは前の記事を見てね)いつか行きたい!と思ってしまったのです。

でも、果たして私にできるのか?と思っていたら。
まずは体験してみよう!と先輩が企画をしてくれ、丹沢の鬼石沢にいってきました^_^

当日は先輩4人、新人2人の6人パーティ。
登山口から1時間くらい歩いた地点から沢に入り、地形図を確認しながら歩きます。滝は登れるのは登ります。
沢登りデビューしました!_b0133032_23261458.jpg
登る先輩。ここはロープを使って安全確保しながら登りました。
沢登りデビューしました!_b0133032_23272150.jpg
別の小さな滝を登る私(へっぴりですね…)。ここはロープを使わなくても登れるのですが、それが怖くておっかなびっくり。先輩が見守ってくれるので心強い。
沢登りデビューしました!_b0133032_23300726.jpg
こんな巨石があるところも!

行ってみての感想は…滝や岩や倒木が現れるたび、アスレチックみたいだなぁと思っていました。
障害物が現れて、それをひとつひとつクリアしていく。
安全は確保しつつ、面白そう!と思ったらそのルートをとる。まさに冒険!?楽しかったです^_^

課題は歩くのも登るのも遅いことてん
まだ経験が少なすぎて、沢大好き!とは言えないけれど、まずは色んなところに行ってみたいなぁ。

同期の何人かも沢デビューするこの夏。
ありがたいことに縦走の予定も目白押しなのだけど、もう何回か沢にもいけるといいな^_^

by kamoblog | 2015-08-02 22:56 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
岩とBBQと私の2ヶ月
はじめまして。
2015年度の新人、あやこです。
4月にカモの会に入って2ヶ月、まだまだフレッシュな今をご報告したいと思います。

この2ヶ月で、
・新歓ハイク@高尾山、
・伊豆岳縦走(日帰りトレーニング)、
・西丹沢〜裏丹沢縦走(1泊2日・小屋泊)、
・大菩薩嶺(日帰り・個人ハイク)、
・読図机上+読図実技@三浦アルプス、
・岩トレ(クライミングトレーニング)×2回(@日和田、@モミソ岩) 
を経験しました。

山ではないけど、
・アウトドアショップで大先輩のアドバイスを聞けるお買い物ツアー、
・日常からできる体力作りに、走る!【カモRUN】@皇居、
・平日の仕事帰りにクライミングジムでボルダーとトップロープの練習×何回も、
・岩トレ後にキャンプ場でBBQと焚き火
なんて事もあり。

振り返れば2ヶ月とは思えない充実さ。大変お世話になっております!

さらに、ついでに言うと、未来の予定もいっぱいあって、
・お初!テン泊@日光白根→出張で行けなくなったけど、行くはずだった(号泣)
・ファーストエイド講習
・ボッカ・トレーニング@浅間山
・夏の縦走に向けて岩トレ@場所未定
・3連休テン泊縦走@北アルプス表銀座
・唐松岳のその先に! 縦走@唐松五竜
(以下省略)
...等々、短い夏にいっぱい登りたくて、数ヶ月先まで目白押しなのです。

思えば、カモの会の門を叩いたのは去年の秋頃でした。
「そういえば山行きたいかもー!」と思い立ったのは春頃で、
ハマったらトコトン派の私は、「毎週でも山行きたいの!」と思ってる思いと裏腹に、
日常の友達で山行く人は本当にごく僅か&みんな忙しくてなかなか日程あわない&そんな事してたらいい季節はすぐ終わっちゃう→秋〜冬は寒くて嫌っ!な女子...私はテント泊にも興味深々だったけど、テン泊は重いし雨降ったら大変だしちょっと...な女子、行こう行こうといいながら家庭や仕事に振り回される男子...
このままでは山にも行けずに、あっという間に年取っちゃう!(汗)と思ったのと,初心者同士では行ける山にも季節にも限界あること、もっと広い世界を見たい!と思ったこともあり、行動に出ました。
大半のカモの会に来る人と同じように、同年代の人達が中心で、ちゃんと活動している会の情報が少なく、行き着いたのがカモの会でした。
そして見学、説明会を経て入会2ヶ月...夢、叶い中です。

山歴1年のわたしは、山岳会ってどんなものかほとんど知らなかったようで、
入ってみれば色んな事をしている先輩方がおられます。
・もちろん山行(夏山縦走もあれば冬山も・ハイキングも・アルパインとか・写真山行とか・歩荷トレーニング山行とか・岩トレ山行など、種類も色々...)
・沢登り
・クライミング(ボルダーとか、フリークライミングとか、マルチとか...)
・バックカントリー(スキーとかボードとか)
・トレランとか、ウルトラマラソンとか...

各方面で経験者豊かな先輩たちがおられます。
その中で、後輩を交えて計画してくださいます。自分が先輩に教えてもらった事は、後輩に渡すのが山岳会イズムらしいのです。美しいです。
おかげさまで、山暦の浅い私でも色々楽しめておりますのです。
また、さらに面白いのは、職業も出身も様々な方々が集まって、みんな山が好きなもんで愉快な人が多く、お酒交わせば、すぐに仲良くなってしまう、出会いも旨味かと。

前置きが長くなりましたが、
そんな、入会2ヶ月経過の5月末の週末のレポート↓
からりと晴れた5月末の週末、丹沢で盛りだくさんの企画に参加させて頂きました。

【日程】
1日目:岩トレ→BBQ→焚き火→テント泊
2日目:クリーンハイク
(クリーンハイクとは、今年38回目、カモの会が入っている神奈川労山者山岳連盟主催の丹沢クリーンハイクです!)

●岩トレ@モミソ岩
今回の参加者は先輩方を含む15名(その内3分の2は新人・初級者)初級と中級に分かれてトレーニングしました。初心者の私たちにとっては、岩場のある山行も安全に臆せず歩くためのトレーニングでもあるのです。
岩とBBQと私の2ヶ月_b0133032_23423843.jpg

下から見るとたいした高さじゃない岩も、上に登るとやっぱり高い。高いところの嫌いじゃない私でも、若干手足が震えます。でもそのアドレナリン出る感じがまたたまらくて、ハマりそう。

岩とBBQと私の2ヶ月_b0133032_23493710.jpg

お隣、中級者チームはマルチ等の練習をしていました。
ロープさばきも足取りも素早くて、見ているだけで勉強になります。かっこいい!

岩とBBQと私の2ヶ月_b0133032_233622.jpg

合間に結び方の復習

岩とBBQと私の2ヶ月_b0133032_023785.jpg

新緑萌える中の晴天の日が最高に気持ちよくて、それだけでも幸せでした。

夕方、テクテク歩いてキャンプ場に移動
岩とBBQと私の2ヶ月_b0133032_053644.jpg


そして、待ちに待ったBBQ&焚き火パーティー☆
みなさんよい笑顔です。
岩とBBQと私の2ヶ月_b0133032_081358.jpg

岩とBBQと私の2ヶ月_b0133032_095242.jpg

肉とビール(T^T)♡
岩とBBQと私の2ヶ月_b0133032_011286.jpg

ご飯が炊けるのをまっている合間に、
岩とBBQと私の2ヶ月_b0133032_0142997.jpg

あっという間に夜は更けるのでした...
岩とBBQと私の2ヶ月_b0133032_0151087.jpg


私は翌日の日曜日が仕事だったので、土曜の最終バスで帰ってしまったため、この後のお楽しみタイムは謎のまま。レポートもここまでです。翌日のクリーンハイクの様子は、参加した同期の誰かが書いてくれるはず(笑)

最後に、
今回、久々に一眼レフ持ち出しましたが、やっぱり写真もっと上手になりたいなと、
外岩トレは2回目でしたが、やはりもっと登れるようになりたいなと、
山に行くたびに、もっともっと登りたいな、と思う訳で、
やりたい事が山々です。

この夏は忙しくなりそう!
by kamoblog | 2015-06-02 00:35 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
もう3月…
新人Tambaです。

年明けて新規入会の説明会も済みもう3月最終盤…。
街では桜が開花。お山もすっかりと春山ですね。

年末に新人日記を書いてから全く更新せず気付いたらもう新人卒業に…^^;
駆け足ですが、年明けからこちらの山行報告です。


・赤岳
夏山トレの時にも書きましたが、八ヶ岳は計画をしていながら一度も歩いた事がありませんでした。それが…冬に初めて南八ヶ岳入山です。

1日目、赤岳鉱泉へ向かう途中で食べたものが受け付けなかったか、急激に不調に陥り…(T-T)アイスクライミング体験をするはずがそんな余裕はなく、先に赤岳鉱泉へ行かせて貰いました。付き添ってくれたSLとrisapuちゃん感謝です。そして、ごめんなさい…。
テント設営して、赤岳鉱泉で休憩して身体も暖まり、晩御飯を食べて大人しく就寝したところ、翌日は回復しました。苦笑

強風の予報が出ていたので、前夜の内に硫黄岳へ行先を変更。硫黄岳へ向けて出発。
当日は快晴。途中木々の間から見える周囲の山々の頂きでは青空を背景に白い雪煙が舞っています…。
森林限界を超えたところでどの位の強風が待っているのかしら…ドキドキしながら最後の稜線へ。

真正面から受ける強風を初体験。雪庇を見るのも初めて。毎回見るもの感じることが新鮮です。結局、強風の為途中撤退でしたが、比較的寒かった(らしい)八ヶ岳を体感出来て良かったです。
もう3月…_b0133032_21143348.jpg

条件の良い時にまた赤岳へ行きたいです。大人数を率いて連れて行って下さった先輩、どうもありがとうございました!

・白毛門
ラッセルトレ&雪洞体験山行です。
キックステップがどうもうまく出来ていません。「まぁ…経験だよ」の一言で終わりですが。笑

何度も冬の白毛門にtryするも天候不順で撤退しているという先輩について行かせて貰いました。
10分程で交代予定のラッセルも全然体力持たなくてすぐ交代。何の役にも立たなかったですが、その後の山行でなんとなく楽に歩けるようになっている気がしないでもないので(笑)、毎回の山行で少しずつ慣れてきているのかしら…と思います。

5名と4名に分かれて雪洞作り開始。壁は薄くなっていないか?高さは?エッサホイサ掘り進み、雪を運びだし…155cmの私が立てる立派な雪洞が出来上がりました ♪
表面を平らにならし、お酒置けるような棚も作り(笑)、ガスランタンを灯して晩御飯。お隣の雪洞はキャンドルもあってとっても良い雰囲気になっていました!^^

翌日は小雪ちらつきガスっていましたが山頂へ。そう言えば、先輩何度目の挑戦でしたか?登頂出来て良かったですね!
もう3月…_b0133032_21172758.jpg

下山の方が天候が良くなり、気分良くシリセードしながらあっという間土合駅着でした。
*シリセード時の注意点 外付けの物は全てザックの中にしまいましょう。

・硫黄岳
「露天風呂tryする人いる?」(先輩)
いやいやいや。小屋から10分のあの温泉はちょっと入れませんよ…(ちゃんと水着持ってきたメンバー居ましたが。笑)
本沢温泉泊・夏沢峠からの山頂アタック→赤岳鉱泉・美濃戸口下山。

前々週の赤岳転向の硫黄岳と条件はそう変わらなかったと思いますが、登る方向が違う=風向きが変わる。やはり、真正面から風をまともに受けるのと横、もしくは背後からの風では全く違いました。比較的楽に登頂する事が出来たと思います。
もう3月…_b0133032_21193951.jpg

今まで手持ちの防寒着(R2とナノパフ)を全て着て歩くという事はありませんでしたが、稜線上では着込んで暑くもなく寒くもなくの適温。恐るべし強風。ペースや服装調整のアドバイス頂いた先輩、ありがとうございました。


厳冬期の2月は残念ながら雪山には行かず…
外岩連れて行って貰いました。雨に降られた時はジム練に切替で…^^


・日光白根山
ココも夏に湯元から入ろうとしていて実現出来なかったお山。
今回は先輩方企画のカモスノートリップ。ゲレンデやスノーハイク、ピークハントのメンバーの総勢9名のこぢんまりとしたメンバーでしたが丸沼高原へやってきました。

前の週からずっと天候が気になっていました。風が強そうだ…途中もしかしたら雪になるかも?帰りのロープウェイの時間に間に合わないかも?雪崩の心配は?自分達なりに調べて参加表明をしていましたが、CL、SLの先輩方は私達新人(2人)と一緒に歩くのは初めて。心配だった事と思います。持ち物から服装から色々とアドバイス頂きました。

最初のうち、私達が一番のりだったらしく、膝下ラッセルひたすらラッセル。ペースなどかなりみて貰っていたと思いますが、最初の1時間何事もなく歩けて一安心。その後もシャリバテする事なく、途中思っていたルートを外していましたが、他パーティーの方に先頭を交代して頂きながら森林限界を超え、最後の吹きっさらしのザレ場を登り無事に登頂♪

下山に備えて何も食べなかったのは失敗で最後はフラフラでしたが、怪我なくロープウェイに間に合う時間に下りる事が出来ました。途中ガスってきましたが、下山後振り返って見た日光白根山は青空によく映えた美しい山容を見せてくれて大感激!
もう3月…_b0133032_2124374.jpg

下山後お風呂にゆっくりとつかり、食後は宴会。今まであまりご一緒する機会がなかった先輩や、新規入会予定の方と楽しく過ごす事が出来ました♪

・西穂高岳独標
カモでは今季「一人一リクエスト」が立ち上がりました。雪山で行きたいところを挙げてみてと…。
「西穂高岳へ行きたいです」ちょっと無茶な事を言ってみました。
後日「3/21-22開けておいてね。独標までね」企画して頂きましたー(≧▽≦)

お料理上手な先輩は宴会する気満々。週のアタマから色々仕込みをしてくれていたのですが、なんともお天気が読めなくてヤキモキした一週間。。
計画としては結構早くから準備していた割には私の準備が後手後手に回ってしまい、メンバーにいらぬ面倒をかけてしまいました。計画は早め早めが肝心と反省です…

フタを開けてみたら2日間ともに快晴で暖かく、すっかり春山の様相。1日目はテン場に荷物を置いて丸山まで。本当に素晴らしい青空で、その先に見えるピラミッドピークと西穂高岳が格好良くてもう…ホレボレ。
もう3月…_b0133032_21415951.jpg


下山後のテント設営は、少しのでっぱりも許すまじ!といった感じでキレイに整地(何せ、豪華ディナーが待ってます。笑)荷物を入れて、さぁ準備!
食前にまずはワイン。2本担いで上がって頂いた先輩に感謝です!手作りのリンゴも2種類を人数分!とっても美味しかった~♪
ディナーは…特製シチューを温め、そこに炒めたキノコ類投下。次はチーズ入りのハンバーグの登場。しばらく炒めて焦げ目がついたらまたシチューへ入れて煮込みます。先輩がザックの両ポケットに差し込んで持って上がったフランスパンにはバターとガーリックが塗られ、美味しそうな焼き色が付いたところでお皿へ…。
デザートは杏仁豆腐。牛乳パックに材料を入れて外で冷やし固めて食後丁度良いタイミングで出来上がり!
皆満腹で幸せな時間でした。全然山行報告ではないですね。笑

翌日の空模様も安定したものでした。西穂高登頂メンバーは一足早く出発。新人メンバーは独標目指して7時頃テン場を出発。稜線に出るとさすがに風も出てきて、傾斜も急に。私は歩き慣れないので…歩幅が広すぎるのか?どう歩いたものかブツブツ考えている間に独標直下についていました…。苦笑

先輩にトップ交代して貰い、独標へ。リクエスト企画、叶えて頂きました。カモ旗もって記念撮影です。
もう3月…_b0133032_2125231.jpg

山頂で撮って下さった方、どうもありがとうございました。^^

下りの方がより慎重に。岩場を過ぎたらあとは緩やかに下り、アッと言う間に丸山を過ぎテン場到着。
西穂高岳登頂メンバーが戻ってくる迄に荷物整理して杏仁豆腐食べて、テントを片付けて杏仁豆腐食べて、雪壁壊して杏仁豆腐食べて…最後まで常に食べる私(笑) 最後は皆で西穂山荘のラーメンを食べて下山。

楽しかった美味しかった(笑)思い出深いリクエスト山行でした。ご一緒して頂いたみなさんには感謝の気持ちでいっぱいでした。


一年振り返って
もともと重たい荷物担げなかったので、会の山行では“共同装備”に悩むことになりました。新人なので殆ど分担なかったのですが…^^; 少しずつですが、歩けるようになってきたかなとも思います。そうは言っても、まだまだ…。
後半はちょっとしたケガあり、体調不良ありで思うように動けず、土壇場で不参加になったりで周りにも迷惑をかけてしまった事は反省点の一つでした。

色々と教えて下さった先輩方、支えてくれた同期達…どうもありがとうございました♪ 私がサポートする側に回れる日は…果たしていつの日になる事でしょうか…(--;)
今年は…課題の体調管理をしつつ、岩岩した所を沢山歩きに行きたいですが、数日間の縦走に出られる事も目標にしたいなと思います。
by kamoblog | 2015-03-29 22:01 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
クライミングと山
新人とっしーです。

皆さん登ってますか?私は登っています。

クライミングジムという場所があります。
岩を攀じるあれです。

私は去年の4月に会に入会してからルート(ロープを付けて登る)クライミングに
はじめて触れました。だからあまり大きな事は言えません。
ですが、1年で触れ、学んだ事を少し振り返ってみようと思います。

垂壁を登る事と登山に関係はあるでしょうか。
一定のレベルからはある、と、断言出来ます。
特に一般道から外れたバリエーションルートに行こうと考えるのであれば、
有る程度のクライミング技術は当然必須となりますが、
例えば一般道であっても、大キレットやジャンダルム縦走等、
鎖場の通過の状況では、大いに関係があると言えます。

「私はハイキングしか行かないし、関係ないですよ。」
いやいやちょっと待ってよお姉さん。
危険箇所と言われない範囲の場所で、ちょっとした手を使って抜ける岩場の場面でも、クライミング技術によって、絶対的に安全面に差が出るのです。

クライミングにはグレードがあります。
公式にはボルダーでは9級~6段まで、ルートクライミングでは5.0~5.16まで。
ちなみに私は入会時から現在に掛けて、ジムのグレードで下記の感じです。
 ボルダー 5級⇒3級
 ルート  5.9⇒5.11a
まだまだ中級というところですが、実際やってみて感じた大切な事は、
本気のトライの2グレード下げたグレードならどれだけ疲れていても、
よほどじゃなければ落ちない、という事です。
5.11登れるようになった今、前はなんとか登れていた5.9は徹夜明けで疲労困憊していても
まず、落ちないと自分自身で保証出来るし、
それは5.12登れる人から見たら5.10が同じような感覚になるはずなのです。
これは実際の山で言うとどういう事かと言うと、それがそのまま命を繋ぐ安全マージンになるのです。

山では、好天なら大した事がない岩場でも、
天候によって恐ろしい危険箇所に変わる場所が多々あります。
もしくは、そこを疲労困憊している状況で通過するかも知れません。
落ちたら死ぬ場所で、「好条件に恵まれればなんとかギリギリ抜けられるっす!」というグレードを登るわけにはいかないのです。
故に少しでも登れるグレードを上げる事によって、安全マージンが確保出来、安心して計画が立てられるというわけです。
当然、この安全マージンの幅は、登るルートの難しさに寄らず、広ければ広い方がいいに決まっています。

それはクライミングの登攀力だけでなく、
重い荷物を担荷して歩く力にも同様の事が言えるのですが、
ただ歩けるだけでは、山の力は語れないという事です。

皆さん、安全の為にも、まずはジムに行きましょう。
レッツクライミン!

どうやったら上手くなるかの考察を書きたいのですが、
長くなりそうなので今日はこの辺で。
クライミングと山_b0133032_023307.jpg

クライミングと山_b0133032_0193453.jpg

クライミングと山_b0133032_0191417.jpg

by kamoblog | 2015-02-14 00:22 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
年末いろいろ…
新人Tambaです。
2か月不調続きでしたが、ここにきてようやく復帰。
体調管理の大切さを痛感です…(> <)


もう季節は冬…。
雪山山行に向けて11月後半ボッカトレに参加してきました。
雨が降る予報でしたが、様子を見ながら決行ということで、大倉尾根へ。
大倉バス停に着いた時点で小雨が(笑)。途中から本降りに…(苦笑)。

塔ノ岳がゴール予定でしたが、途中の小屋で休憩してボッカ終了。
お水を引き取って頂きました…
年末いろいろ…_b0133032_23205553.jpg

下山しようかと出たら雨があがり、途中では富士山も見える程に♪
年末いろいろ…_b0133032_23255365.jpg


翌日はアイゼントレで広沢寺へ。12本刃のアイゼンと軍手で登ります。
思った以上にアイゼンが利いたり、ガリっと足が下がってしまったり…。なかなか難しかったです。
前日からの宿泊組だった私。諸事情で一足先に帰り、バス停に着いた時、丹沢を歩くには大荷物過ぎに見えたのか「どこへ行ってきたの?」聞かれました。笑


いよいよ会の雪訓。
2週に分けて富士山五合目で行われました。私は日帰り組で参加。
初の雪山です。
道具や雪山での行動については集会でお勉強。
その他、お買い物を先輩方にお付き合い頂いたり、自分なりに調べて揃え準備は万全なのかどうなのか?ドキドキしながら5合目を目指します。

話に聞いていた通り、気温は低くても歩けば暑い…。他の人には丁度良い服装でも自分にはちょっと厚着過ぎだったかも?これから歩いて試す事になります。
五合目は事前の予報とは変わって風も穏やか。雪訓には絶好の環境でした。
年末いろいろ…_b0133032_23365443.jpg


初めて使う12本刃アイゼン、ピッケル…。
歩き方や扱い方を教えて貰いながら、滑落停止訓練など場所探しをして貰い練習練習。帰ったら全身アザだらけになっていました。。


その翌週、早速の雪山企画でしたが、残念ながら天候に恵まれず途中で中止決定…。
クリスマス直前だったのでケーキを焼いて持って行ったので、帰る前にメンバー皆でデコレートしていただきまーす(ちょっとホイップクリームが足りなかった…山肌に積もる雪みたいな感じになってます。^^;)
年末いろいろ…_b0133032_23374778.jpg
(車の中です。笑)


せっかくなので歩きたい。休日はお天気良さそうだったので久しぶりに奥多摩へ。
このところ私の中では恒例ボッカハイク。同期と百尋の滝を経由して川苔山に行きました。
この日は好天に恵まれました♪風もさほどなかったので、滝では凍えることもなくマイナスイオンを満喫。笑
山頂は周りの山々がくっきり!絶景でした♪


会の方、会外の方、色々な方と知り合い、教えて頂きとても有意義な1年でした。
感謝の気持ちでイッパイです。まだまだ学ぶべき事は沢山ですが…。少しずつ頑張りたいと思います^^


今年最後の山行は年末に瑞牆山/金峰山。楽しみです!
これから山に入る方、どうぞご安全に!そして、良いお年をお迎え下さい!
by kamoblog | 2014-12-28 23:25 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
超カモクリ2014 in 安達太良山
新人のrisapuです。

12月20日~21日で安達太良山へ行ってきました~!!

超カモクリとは→カモの会のクリスマス山行(超の意味はよく分かりませんが…)

カモクリのメンバーは15人もいました!

私は会に入る前は雪山へ入ったことありませんでした。
雪上訓練も終えて、今回無事雪山へ入ることが出来るようになりました。

小屋泊だったので荷物が少なくて楽ちん♪

小屋では温泉につかり

先輩が腕によりをかけて作ったすき焼きを食べ、
超カモクリ2014 in 安達太良山_b0133032_17192535.jpg


プレゼント交換をし
超カモクリ2014 in 安達太良山_b0133032_17195399.jpg


ケーキを食べ
超カモクリ2014 in 安達太良山_b0133032_17201627.jpg


たっぷりお酒を飲んで、ぐっすり寝ました。あー幸せ。


で、次の日は頂上を目指しました。
超カモクリ2014 in 安達太良山_b0133032_17222625.jpg


が、天候がいまいちだったため途中で引き返すことに~
超カモクリ2014 in 安達太良山_b0133032_17223858.jpg



下山後はソースかつ丼を食べて帰りました!

食べてばっかりですね…

初心者の私には楽しめて良い山行でした~
これから頑張りたいと思います!
by kamoblog | 2014-12-28 17:50 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
秋のお山は…
新人Tambaです

カモに入ってから成長出来ている事あるかしら…?フと考えます。
登山スキル・クライミングスキルはとってもとっても緩やか~にですが向上しているかなと…こぼれ落ちている事も多いかも?(^^;)
ただ体力(筋力)が…。。。相変わらず担げません。
入会直後5月にボッカトレでヤビツ峠~塔ノ岳を歩いたのと比べて後退している気がしてなりません。
あの時の快調さは一体何だったのか…。苦笑


10月体育の日連休は甲斐駒ケ岳・黒戸尾根予定。
その前週、両神山八丁峠ピストン企画に「ボッカトレしよ!」と参加させて貰ったのですが…
岩場着く前に『これでは山頂まで行けない…』さっさと水を捨てました…苦笑
軽くなったからと言って快適になった訳でもなく…
ピストンの帰りになってようやく体が楽に動くようになっていました。(--*)

思った以上に紅(黄)葉が始まっていて、所々開けた場所から見える周囲の山々の重なり合う景色はそれまでゴチャゴチャ考えていた余計な事を頭から消し去り爽快な気分にさせてくれます。
秋のお山は…_b0133032_1838372.jpg

近場のお山で見られるちょっと素敵な眺め。これだから山歩きはやめられません♪


甲斐駒ケ岳・黒戸尾根
自分の中では夏の剱岳と同じ位楽しみにしていた計画だったのですが、台風の為中止(T-T)
代替で近くの日向山へハイキングに行きました。
ココは個人で歩いていた時に尾白川渓谷歩きを優先して持ち越しにしていたお山なので、歩けるのは嬉しい。
白い山頂を目指してまたまたボッカトレ敢行。笑

私のせいで遅めのペースになってしまいメンバーの皆さん、ごめんなさい!でしたが無事に山頂へ。
一面の白!その奥に見える深い緑、見上げれば青空、白い雲…
秋のお山は…_b0133032_18442146.jpg

「すごーい♪♪」歓声が上がります。
山頂から少し先まで行き、”白い景色”を存分に楽しみました。
目の前に見える甲斐駒に「今度登りに来ます」心に誓い下山です。


翌週は先輩企画の神奈川県山岳スポーツセンターでクライミング。
以前「大倉には15mの壁がある」と聞いた事があり、その時からずっと『登ってみたい!!』と念願の企画だったのですが、前週のボルダーで痛めた腰の治りが悪くて泣く泣く見学に。
それでも、「15mの壁~♪」とワクワク大倉へ向かいました。

基本的な登り方、ビレイの仕方等教えて頂き、参加メンバーは思い思いルート練習に励んでいました。
私は登れないのでヌンチャクをお借りしてパチンパチン…クリップ練習。笑
途中教えて頂いたプリクリも練習してみたり…まったり1日楽しみました♪
秋のお山は…_b0133032_18512021.jpg

ジム練習して外岩をもっと楽しめるようになりたいものです。


今月は会のファーストエイド講習が開催されたり、
集会では冬山装備についての説明をして貰いました。
少しずつ気温が下がり季節は冬へ…。
夏・秋に教えて貰った事をしっかりと身に着けて冬山に向けて準備したいと思います。
by kamoblog | 2014-10-25 21:14 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)