神奈川・東京ほか在住の20~40歳代中心のオールラウンド登山を行う山岳会です。
by kamoblog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
twitter
カテゴリ
全体
山行
カモな日々
集会
気象
その他
ギア
トレーニング
新人日記
集会レポ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のコメント
http://www.h..
by アドベンチャー at 06:54
Good day I a..
by Marken T s at 01:36
Nie wiesz ja..
by jak schudnąć at 21:19
自分はREIの通販で購入..
by 雷鳥 at 01:55
初めまして。 ジム..
by すかんく at 13:43
埼玉の誇るスーパーボルダ..
by fukusho at 23:59
朝の山の写真メガキレイやわ!
by misty at 22:44
暖かいところでのんびりク..
by yama at 22:45
おつかれさまでした い..
by marina at 11:44
雷鳴って、いきなり冷たい..
by marina at 19:45
最新のトラックバック
検索
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
屋久島沢登り(淀川遡行)
ytadoです。
私の念願であった屋久島の沢へGWに行ってきたので遅らせながら報告します。

屋久島の自然の凄さに魅了され、始めた登山。
10年以上経ち、そのスキルや判断力などが徐々についたので人の企画ではなく、自らの企画で憧れの地の初バリエーションルートへトライしたいという思いがついに実りました。

メンバーは、バリェーションルートへ行けるように指導してくれた山岳会へ恩返しがしたいという思いから、将来バリェーションでSL、CLをやりたいという自主性が高い新しいメンバーを山岳会MLで募集。

その間、その新メンバーへ最低限の安全確保をしてもらうべきロープワーク練習や
沢トレを企画し、同期のメンバーのトレにおいてのフォローもあったので初期設定ルートから変更無しで挑む事が実現となりました。

■5/1
前日に屋久島へ入り食料を2泊3日分買い込み、観光

■5/2
6時20分 タクシーにて安房発。
GW中で予約困難、この時間しか予約できなかった。

・ルート情報
屋久杉ランド 津橋より入渓
いきなりダイナミックな岩地形になる。
そこそこ水流も強いので安易に沢遊びとしては厳しい感じ。

しばらくすると巨石帯になる。
ルートファインディングが重要でボルダリング経験がある程度
無いと歩くのすらままならない。
女性陣は非常に辛そうだった。
b0133032_2304777.jpg


そして、F1?幅広く長いゴルジュ、左岸、右岸両方小さく巻ける。
滝も左岸側から突破可能だが、泳いで取り付く必要あり。

b0133032_2312462.jpg


その後、沢幅が広くなり水深が深いエリアとなる。
泳ぎ突破が早いエリアが続きまた、巨石帯になる。
こういった水量がある場所と巨石帯が交互に兎に角続く。

ルートコースタイムより重い装備の影響か?大幅に遅れを取る。
そして、紀元杉ヨコあたりで楽に撤退出来る最終地点を確認。
ここらへんのペースを上げる為のアドバイスや撤退の考えでトラブルあり。
CLとして言い方がきつかったか?反省。

しかしながら、この撤退ポイントが現実となる。

1325mピーク横の1230mあたりのF2突破でロープを出すもルート検討や
引き上げに時間を大幅にとってしまい、その先にゴルジュが見えた時点で
時間的なリスクから撤退を判断。

F2から懸垂下降でおりて右岸の枝沢から道路を目指す。
この枝沢、登攀が必要な滝がしばらくすると連続で出てくる。
これを左から巻く、その後小ピークを目指して歩きやすいルートを
選びピークから道路方面へコンパスを合わせ歩いた。
この撤退ルートは楽に道路まで詰める事ができた。

その後、舗装路から淀川登山口を経由し淀川小屋へ。
ここでビックリ、信じられないほどの人、人、人…
小屋に入れなかった事を想定して持ってきたテントが行きなり
活躍することとなる。その張る場所選定すらテントが多すぎて
ままならなかった。

■5/3

・ルート判断
朝から雨、天気予報は午後から本降り。
当初の予定では淀川から石塚小屋までを行くプランだが…
問題が
・行動スピード
→本降り前に沢を出たいがその行動スピードがこのチームには無い
・3日目天候
→崩れる予報、入渓は考えられない。

無難に宮之浦岳からの縦走を提案、メンバー意見が割れてしまい
朝からメンバーメンタルも雨か…
個人としても一番みたかった沢、諦めきれず再度思案。

初日の反省を冷静に分析した結果、行動スピード遅れの要因である
荷物を減らし行動すれば?と考え、淀川小屋に泊まり装備をデポし
日帰り装備アタックに変更。
→淀川小屋~淀川中俣~高盤岳~花之河~淀川小屋
のプランへ。
撤退条件やルートをSLと確認しリスク認識を合せ同意が得られたので
急遽のプランになる。

・淀川小屋~右俣
まさに日本庭園の美が詰まったエリア。
流水地形は美しく、砂は白い、丸い岩が点在し美しい苔が覆う。
沢の水は透明から水深が深いとエメラルドグリーン。
巨木の流木がそれにアクセントを加える。
昨日のルートより森と沢の距離が近く森も映える。

日本庭園はこの屋久島の沢を見本としたのでは?と本気で思える光景。

b0133032_2371730.jpg


b0133032_238294.jpg


通常の登山道付近の自然環境が如何に傷んでしまっているかが残念ながらわかってしまった。

ルートも歩きやすく、所々に巨石は出るも、少量。

・右俣~中俣~登山道
右俣分岐前にゴルジュあり、滑りやすいので注意。
巻き道があり、けっこう鮮明にある。

右俣分岐に状態が良い巨大屋久杉あり。(1410m付近)
ここからは森の存在感が強い沢となる、左右に巨大な杉が出て
異形の木々が出迎える。
一同、感動の声が出るほど。

b0133032_239313.jpg


ここから枝沢がわかりにくいので注意、コンパスでも角度が判断しずらい
中俣の入口も意見がメンバー間で割れ、結局GPSで最終判断となった。
(ズルだが雨にやられるよりは良いとの理由)

中俣はチョックストーン越えや小滝があり結構面白い。
林道へもっとも近いツメを狙う為に1490m付近からの左沢へ入るつもりが
一つ前の左沢に入ってしまい、林道までのツメが長くなってしまった。
短くツメられるつもりだったので結構不安だったがyuumaとアーマーの
フォローが心強かった。
一度1574mのピークを抜けて行くルート取りとなり無事に林道へ抜けた。

ここで沢は終わり、かなり早いスピードで抜けられた。

その後はおまけの高盤岳へ、花之河へ向かう途中のコルから藪こぎ
で山頂へと予想していたが、コルへ行ってみるとはっきりとした踏み跡
がある。
トーフ岩へは簡単に行ける。
その後、トーフ岩登攀を試みるも予想以上の大きさと登攀道具不足もあり
結局一番小さい岩へ登るだけとなった。

その後は花之河経由で淀川小屋まで。
この頃には雨がかなり強く、登山道というより沢に近い感じになっていた。
体温の冷えに各自配慮しながらの行動となった。

淀川小屋に到着時には、テント泊は雨が強く厳しいと考え小屋に入る判断とする。

■5/4
・ルート判断
当初、屋久杉ランドまで登山道を歩いて帰るだけの予定だったが朝起きたら
絶好の好天。
もったいなさすぎるので1日目の空白地帯を埋めるべく、淀川と荒川の分岐まで
沢下降する事とする。

・淀川小屋~荒川合流
初日と二日目を足して2で割った感じ?
所々、アトラクション的要素あり。
メンバーはこの日が一番テンションが高く沢を楽しんでいた。
晴れていたので泳いでも直ぐ温まり快適だった。
b0133032_23102887.jpg


b0133032_23105712.jpg



・淀川荒川合流~道路
アーマーさんにルーファイをしてもらった。
むいている?問題なく道路までツメられた。


結局は、大切な何かを広めたいと企画したが
自分が色々と力不足を学ぶ自分成長企画となってまった。
なんだかんだでCLとしての経験不足を自覚した山行だった。
また、来年、この屋久島へこのメンバーの誰かとこれたら嬉しいな!

b0133032_23112547.jpg

[PR]
by kamoblog | 2015-06-29 23:12 | 山行 | Trackback | Comments(0)
岩とBBQと私の2ヶ月
はじめまして。
2015年度の新人、あやこです。
4月にカモの会に入って2ヶ月、まだまだフレッシュな今をご報告したいと思います。

この2ヶ月で、
・新歓ハイク@高尾山、
・伊豆岳縦走(日帰りトレーニング)、
・西丹沢〜裏丹沢縦走(1泊2日・小屋泊)、
・大菩薩嶺(日帰り・個人ハイク)、
・読図机上+読図実技@三浦アルプス、
・岩トレ(クライミングトレーニング)×2回(@日和田、@モミソ岩) 
を経験しました。

山ではないけど、
・アウトドアショップで大先輩のアドバイスを聞けるお買い物ツアー、
・日常からできる体力作りに、走る!【カモRUN】@皇居、
・平日の仕事帰りにクライミングジムでボルダーとトップロープの練習×何回も、
・岩トレ後にキャンプ場でBBQと焚き火
なんて事もあり。

振り返れば2ヶ月とは思えない充実さ。大変お世話になっております!

さらに、ついでに言うと、未来の予定もいっぱいあって、
・お初!テン泊@日光白根→出張で行けなくなったけど、行くはずだった(号泣)
・ファーストエイド講習
・ボッカ・トレーニング@浅間山
・夏の縦走に向けて岩トレ@場所未定
・3連休テン泊縦走@北アルプス表銀座
・唐松岳のその先に! 縦走@唐松五竜
(以下省略)
...等々、短い夏にいっぱい登りたくて、数ヶ月先まで目白押しなのです。

思えば、カモの会の門を叩いたのは去年の秋頃でした。
「そういえば山行きたいかもー!」と思い立ったのは春頃で、
ハマったらトコトン派の私は、「毎週でも山行きたいの!」と思ってる思いと裏腹に、
日常の友達で山行く人は本当にごく僅か&みんな忙しくてなかなか日程あわない&そんな事してたらいい季節はすぐ終わっちゃう→秋〜冬は寒くて嫌っ!な女子...私はテント泊にも興味深々だったけど、テン泊は重いし雨降ったら大変だしちょっと...な女子、行こう行こうといいながら家庭や仕事に振り回される男子...
このままでは山にも行けずに、あっという間に年取っちゃう!(汗)と思ったのと,初心者同士では行ける山にも季節にも限界あること、もっと広い世界を見たい!と思ったこともあり、行動に出ました。
大半のカモの会に来る人と同じように、同年代の人達が中心で、ちゃんと活動している会の情報が少なく、行き着いたのがカモの会でした。
そして見学、説明会を経て入会2ヶ月...夢、叶い中です。

山歴1年のわたしは、山岳会ってどんなものかほとんど知らなかったようで、
入ってみれば色んな事をしている先輩方がおられます。
・もちろん山行(夏山縦走もあれば冬山も・ハイキングも・アルパインとか・写真山行とか・歩荷トレーニング山行とか・岩トレ山行など、種類も色々...)
・沢登り
・クライミング(ボルダーとか、フリークライミングとか、マルチとか...)
・バックカントリー(スキーとかボードとか)
・トレランとか、ウルトラマラソンとか...

各方面で経験者豊かな先輩たちがおられます。
その中で、後輩を交えて計画してくださいます。自分が先輩に教えてもらった事は、後輩に渡すのが山岳会イズムらしいのです。美しいです。
おかげさまで、山暦の浅い私でも色々楽しめておりますのです。
また、さらに面白いのは、職業も出身も様々な方々が集まって、みんな山が好きなもんで愉快な人が多く、お酒交わせば、すぐに仲良くなってしまう、出会いも旨味かと。

前置きが長くなりましたが、
そんな、入会2ヶ月経過の5月末の週末のレポート↓
からりと晴れた5月末の週末、丹沢で盛りだくさんの企画に参加させて頂きました。

【日程】
1日目:岩トレ→BBQ→焚き火→テント泊
2日目:クリーンハイク
(クリーンハイクとは、今年38回目、カモの会が入っている神奈川労山者山岳連盟主催の丹沢クリーンハイクです!)

●岩トレ@モミソ岩
今回の参加者は先輩方を含む15名(その内3分の2は新人・初級者)初級と中級に分かれてトレーニングしました。初心者の私たちにとっては、岩場のある山行も安全に臆せず歩くためのトレーニングでもあるのです。
b0133032_23423843.jpg

下から見るとたいした高さじゃない岩も、上に登るとやっぱり高い。高いところの嫌いじゃない私でも、若干手足が震えます。でもそのアドレナリン出る感じがまたたまらくて、ハマりそう。

b0133032_23493710.jpg

お隣、中級者チームはマルチ等の練習をしていました。
ロープさばきも足取りも素早くて、見ているだけで勉強になります。かっこいい!

b0133032_233622.jpg

合間に結び方の復習

b0133032_023785.jpg

新緑萌える中の晴天の日が最高に気持ちよくて、それだけでも幸せでした。

夕方、テクテク歩いてキャンプ場に移動
b0133032_053644.jpg


そして、待ちに待ったBBQ&焚き火パーティー☆
みなさんよい笑顔です。
b0133032_081358.jpg

b0133032_095242.jpg

肉とビール(T^T)♡
b0133032_011286.jpg

ご飯が炊けるのをまっている合間に、
b0133032_0142997.jpg

あっという間に夜は更けるのでした...
b0133032_0151087.jpg


私は翌日の日曜日が仕事だったので、土曜の最終バスで帰ってしまったため、この後のお楽しみタイムは謎のまま。レポートもここまでです。翌日のクリーンハイクの様子は、参加した同期の誰かが書いてくれるはず(笑)

最後に、
今回、久々に一眼レフ持ち出しましたが、やっぱり写真もっと上手になりたいなと、
外岩トレは2回目でしたが、やはりもっと登れるようになりたいなと、
山に行くたびに、もっともっと登りたいな、と思う訳で、
やりたい事が山々です。

この夏は忙しくなりそう!
[PR]
by kamoblog | 2015-06-02 00:35 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)
読図(机上+実地講習)
初めまして、2年目の森と申します。

このたびは、先々週末に行われた読図の机上+実地講習について少し報告したいと思います。

まず、『読図』って、"どくず"って読みます。
(知ってました? 私は山岳会に入るまで、
山と渓谷等の雑誌でこの文字を見かける度に、"よみず"と読んでました…)

辞書的な意味は、「地図・図面を見てその内容を見とること」で、
登山では地図を読むことを意味します。
(個人的に、地図を見ることでは無く、読むことってのがポイントなのかなと)

ハイキングや縦走登山等、一般登山道においても、
現在地の確認や、道に迷ったとき、地図にない分岐が出てきたときに、
コンパスや読図の知識があると安心です。
また、沢やバリエーション(道なき道を行く)や、雪山など、
地図にない道、夏と冬で道が変わるケースにおいては、
特に必要な技術となります。

カモの会では主に新人さん向けに、
毎年机上講習と合わせて外でも実践も行っています。

机上講習はというと…以下のような内容を
3時間みっちり会場を貸し切って実施しました。

b0133032_19351318.jpg






●読図の目的
 ・山の地形や自分の行程を具体的にイメージできるようになり、
  道迷いのリスク回避や精神的な疲労軽減につながる!
 ・登山道の無い場所へ行けるようになり、
  登山の幅(フィールド)が広がり、楽しみ方も倍増する!
●登山地図と地形図の違い
 ・昭文社さんの山と高原地図、国土地理院の25000分の1地形図の違いを知り、
  メリット/デメリットを理解して、使い分けすることが出来る。 
 ・地図の入手方法から磁北線の引き方など、
昔からの元来の方法論から、最新のやり方などを知ることが出来る。
●山の地形と登山道の特徴を知る
 ・尾根、谷、ピーク、コル、隠れピーク…
●コンパスの使用方法
 ・整地、メモリー、進行方向の確認方法、山座同定…

→続きや詳細はカモの会に入会してからで(汗)

⇒新人さんはわからないところを解決するために、
  積極的に先輩に質問しているのが印象的でした。
  自分もそうでしたが、尾根筋や谷筋のラインを引くところで、
  上手く見つけられない人が多く、
  コツとかノウハウを聞きながら、
  素敵な地形図が出来ていく様を見てちょっと感動してしまいました。

翌日の実地講習はというと…以下のような内容を
1日三浦アルプスで実施しました。
(今年は新人さん15名含む計27名、5班に分かれて実施)

b0133032_19353819.jpg






b0133032_19354744.jpg






①机上講習で学んだ内容の確認
②先読み(先頭が次のチェックポイントまでどのような地形か報告する)
③実践(実際に歩いてみる)
④照合(先読みと実践の差があったかどうか、その理由や原因などを議論する)
以降、②~④をチェックポイントごとに繰り返します。

→こちらでも、新人さん同士であーじゃないか、
  こーじゃないかと議論したり、先輩に質問したりと、
  とてもいい雰囲気です。
  地図とにらめっこで、いっぱいいっぱいで
  足元が疎かになったり、分岐を見逃してしまったりと
  ありがちなケースも経験出来たので良かったのではないかと思います。

私は標識があるところしか歩かないよ~と言う人も、
GPS信奉者の方も、おぉ!と思う部分は必ずあると思いますので、
これを機に読図を始めてみるのは如何でしょうか。

駄文にて失礼いたしました。ではでは。
[PR]
by kamoblog | 2015-06-01 19:44 | トレーニング | Trackback | Comments(0)