神奈川・東京ほか在住の20~40歳代中心のオールラウンド登山を行う山岳会です。
by kamoblog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
カテゴリ
全体
山行
カモな日々
集会
気象
その他
ギア
トレーニング
新人日記
集会レポ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のコメント
http://www.h..
by アドベンチャー at 06:54
Good day I a..
by Marken T s at 01:36
Nie wiesz ja..
by jak schudnąć at 21:19
自分はREIの通販で購入..
by 雷鳥 at 01:55
初めまして。 ジム..
by すかんく at 13:43
埼玉の誇るスーパーボルダ..
by fukusho at 23:59
朝の山の写真メガキレイやわ!
by misty at 22:44
暖かいところでのんびりク..
by yama at 22:45
おつかれさまでした い..
by marina at 11:44
雷鳴って、いきなり冷たい..
by marina at 19:45
最新のトラックバック
検索
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
谷川岳一ノ倉沢本谷〜4ルンゼ
ytadoことワルです。

クライマー憧れの一ノ倉、その中でも色々ルートはあれど、私が一番行きたいルートが本谷~4ルンゼへの継続登攀。

理由は2つ
・一ノ倉沢の一番谷底、そこを最後まで抜ける登攀ラインが美しく、雪渓が無くなった年にしか行けないという冒険感がある。

・山岳会に入り、アルパイン派、沢登り派があり、その考え方に馴染めなかった。
山において、行きたいルート、見たい景色を求める手段がアルパインや沢登りである。
その点このルートはジャンルを超えたスキルが必要であり自分がやりたい登山であった。

そんなルートへ10月15日に行って来たので報告します。

▪スタート~一ノ倉出会~幻の大滝
駐車場出発5時、結構な寒さ、これで水に浸かるのか…と行きなり心が折れそうになる。
今回のパートナーYさんと二人とも、今年は満足に山行をしておらず歩きにも不安がある。

一ノ倉出会いで、長めの休憩をして、いざ一ノ倉本谷へ。
もちろん、巻き道なしで遡行、紅葉が始まり朝日でより美しくみえるその先へと思うが、テールリッジ直後のスラブ歩きが行きなり手がかりがすくなくしょっぱい…

b0133032_09530387.jpg

その後の右岸巻きは手がかりが少ない斜面にドロが乗ってる、ヒヤヒヤ系だが沢屋ならそこまでビビる程ではない。

その先には夢に見た日本とは思えない絶景が広がる。

b0133032_09501514.jpg

ここら辺で、他会でお知り合いSBさんと出会うが4人グループで時間がかかるからと先を譲ってもらう。

そこから歩いて直ぐ本谷核心の幻の大滝。

b0133032_09504787.jpg

・幻の大滝登攀~本谷バンド
Yさんとの山行恒例行事どっちがリード決めジャンケン。ここまでの戦績は私が有利、更に譲りたくない勝負所では勝利100%
このルートの看板となる登攀だけに絶対に負けたくない、その気持ちのぶつかり合いによるジャンケンは案の定、今回も私の勝ち。
その後、今後のリード決めジャンケンは辞めようと不満そうなYさん。心の中で彼をパートナーに選んで良かったと改めて思うが口には出さなかった。

靴をアクアソール系沢履からフラットソールへ履き替え、この日初となるロープを出す。
事前情報でダイナミックムーブ系とみていたかやっぱりその通り、そんなに悪くないけど朝一でビビりが入る、しかもリード中に間に6人ものギャラリーが出来ているやん。
その視線からプレッシャーを感じSBさんから落ちて怪我したら下まで運んであげるとのお言葉を頂く。
ありがたいんすが、私安全慎重派なので、、、このプレッシャーを無視し、これでもかと時間を使い安全登攀、容赦にしっかりカムを決め、45mくらい?ロープを伸ばし、カム2つ決めてビレイ。いやーおもろいルートだった。

b0133032_09512689.jpg


その後は大スラブを行く、最初は左から巻き気味に入る、結構悪め、フラットソールのまま歩いて結果良かった。後は自由にラインを行く。ひたすら快適!

b0133032_09514851.jpg

本谷バンドに8時半には到着となる。
いやー最近ガチ歩きしてないからかなりの疲れ。
計画では10時ないし、10時半を見込んでたのでゆっくり休憩。


・4ルンゼ~一ノ倉尾根
4ルンゼは小滝が続く、時間に余裕があったので、ロープを出しつるべで慎重に進んだ。
ビレイポイントはある程度あるが、無いケースも多くハーケン打ちは必須。
今回私は3枚しかハーケン持って行かなかったけどもー少しあってもいいかも。

後半核心の20m大滝はYリード、脆い出だしから、ちょっとしたヌメヌメと高所トラバースアトラクション。沢経験があまりない人にはこのヌメりは大変かも、残置はルート後半にはこれでもかとあった。

b0133032_09522273.jpg

その後は滑りルンゼ系滝、巻ける滝が多いので濡れたり時間が無ければ登る必要は無いかも。

何故か、ここら辺でバテバテの気配をムンムンに出していたYにスイッチが入る、滑り、濡れ場あってこそ沢登りでしょ!との事だが…
わざわざ簡単に巻ける、明らかに濡れるし、滑るルンゼを最後まで直登し続けた。

いやー私はここらで満腹っす。
今度は私がバテバテ、つめの歩きは結構な踏み跡あり、右手のコルを目指し歩けば迷わないだろう。
最後、岩、藪、笹と戯れから一般道に抜けた時の嬉しさはあれど、いやーもうしばらく稜線抜けの一ノ倉ルートには来たくないかな…

b0133032_09540010.jpg

・一ノ倉岳~下山
二人ともヨレヨレ、しかも、沢登り用のアクアステルスソールは下山時結構痛い。
ここまではかなりのスピードだったがその後はかなりのスローペース、日頃の歩き不足がモロにでた。
稜線から見える尾根、沢についてあーだこーだ言いつつ足を止める理由をつくり休憩を入れる。
とりあえず、山頂では記念撮影はこなした…

b0133032_09543198.jpg

その後はさらにダラダラと下山、ルートはもちろん、天神平経由のロープウェイ。


・総括
去年の同時期にこのルートを一度計画したが悪天候により中止。
しかし、あきらめなくて本当良かった。
1年越しで再トライしこんな晴天でYさんといいルートに入れて最高の1日になった!
さー、更なる冒険出来るルートを来年は目指そう!


[PR]
by kamoblog | 2016-10-17 09:43 | 山行 | Trackback | Comments(0)
リクエスト山行:八海山
b0133032_21143030.jpg


1年目のSです。カモの会に入ってからあっという間に半年間。
そろそろ高山シーズンも終わりに近づく10月3連休で新潟の八海山に行ってきました。

この山行は会の「1人1リクエスト」という企画の一環で、
私の「八海山に行きたい!」というリクエストに先輩が応えてくださって実現しました。
本当は三連休を丸々使って越後三山を縦走する予定でしたが、生憎の悪天・・・
唯一天候が持ち直しそうだった最終日に、屏風道~八ツ峰~新開道という
日帰りルートで行ってきました!

屏風道は人生初の破線ルート。ルートのほとんどが岩と鎖のオンパレードで、
しかも前日までの雨天で滑る滑る。

b0133032_21284789.jpg


そしてやっと屏風道を登りきったら、次はキレッキレの八ツ峰!

b0133032_2133969.jpg


私Sも、不恰好ながら安全第一で頑張りました!(これ、私です↓)

b0133032_21343896.jpg


ずっと行きたかった八海山で、最高の紅葉に囲まれながら
大好きな岩場を堪能できて、本当に楽しかった!
ぜひ来年こそは、越後三山の縦走も挑戦したいです!
(そのときこそ、八海山の上で八海山を飲みたい・・・♪)
[PR]
by kamoblog | 2016-10-14 21:43 | 新人日記 | Trackback | Comments(0)